105系メイン、サロンカーなにわサブになった遠征

昨日21日(土)の模様です。「サロンカーなにわが新宮まで行くみたいですので、ご一緒しませんか?」とお誘いを頂きました。

何時に出発を深く考えず「サロンカーなにわなので混雑するだろう。」という事で「6時に出発しましょう。」とお伝えしたのですが、出発してから気付く。

「これ、現地に着いてから3時間近くヒマですね…(無計画)。」

これはヤバい、どうしよう…とアタフタしていたところ「では、和歌山線にでも行ってみましょう。」とフォローしていただきました。本当に適当無計画で大変申し訳ありません…。

和歌山線の撮影地は全く知らないので、どこか良さそうな所がないか横目で探しながら移動。二ヶ所ほど良さそうな所を見つけました。まずは一ヶ所目。

437T
(クリックすると、大きい画像を開きます)

丁度良い塩梅の鉄橋を見つけました。

437T
(クリックすると、大きい画像を開きます)

旧鉄橋の橋台と思われる遺構が残っていましたので、そちらも入れた写真もパチリ。

「105系は色々な種類がある。」と教えていただきました。全ては理解しきれなかったのですが、自分で今回撮った写真を見比べてみたところ、以下の違いがある事は分かりました。

・先頭の行先表示幕
・先頭の窓
・側面の窓
・屋根上

436T
(クリックすると、大きい画像を開きます)

次に来た列車と比べてみると、確かに行先表示幕、先頭の窓、屋根上が違います。屋根上は丸いベンチレーター(と言うらしいです。無知…)がたくさん並んでいました。

436T
(クリックすると、大きい画像を開きます)

広角側でもパチリ。ここまで撮影して、二ヶ所目の撮影候補地に移動しました。

441M
(クリックすると、大きい画像を開きます)

次は季節の風物詩、鯉のぼりとコラボさせました。何枚か撮影したのですが、これが一番気に入った出来になりました。

ちょっと鯉のぼりが影になってしまっていますが、季節感の入った写真が撮れたので個人的には嬉しい一枚です。

こいのぼり
(クリックすると、大きい画像を開きます)

反対側から撮影した鯉のぼりです。



ここまで贅沢な時間つぶしをして、メインのサロンカーなにわ撮影地に移動。【前に撮った事がある場所】に行ってみたのですが、菜の花が咲いていない。ガーン…orz。

少し違う場所に移動してセッティング。後1時間ぐらいはあるはずだけど…と待っていた所、踏切が鳴りだしました。「練習被写体が来たかな。」と構えたところ、何か見覚えのある位置にライトが付いた列車が来たような?

9113レ(=DD51-1191牽引)「サロンカーくまの」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9113レ(=DD51-1191牽引)「サロンカーくまの」。

危ない危ない、時間を1時間勘違いしていました(汗)。時間つぶしをしていて撮影機会を潰してしまうところでした。

次の駅で少し停まるみたいなので先回りする事にしました。有名撮影地があるみたいなのですが、場所が分かりません。その辺に行けば同業者多数なので分かるでしょう…と適当なノリで行ったところ、見事に道に迷いました(アホ)。

間もなく列車がやってくるーという事で

9113レ(=DD51-1191牽引)「サロンカーくまの」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

近くのアウトカーブから撮影しました。煙突と架線柱の配置をものの見事に失敗…(号泣)。

次の撮影地はどうしましょうという事で、Googleマップを見てみる。「この辺りで撮れるんじゃないでしょうか。」という私のカンピューターが働き、無理を聞いていただいて現地に向かってみる事にしました。

9113レ(=DD51-1191牽引)「サロンカーくまの」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

線形的に正面が陰るのはやむを得ません(自己弁護)。厳しい条件の中で最善は尽くせたと思います(自画自賛)。

「次の撮影地は当てがある。」との事でご案内していただきました。「どこだったかが分かりにくかったけれど、迷わずに行けるかな…。」と仰っていたのですが、現地に近付いたところ崖に黒山の人だかりが見えました。絶対にあれだと確信(笑)。

9113レ(=DD51-1191牽引)「サロンカーくまの」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ちょっとカツカツになってしまいましたが、ギリギリ編成全部が入ったように見えます。乱視か?とツッコまないようにお願いいたします。

サロンカーなにわの追っかけはここまでにしました。昼飯も食べていなかったのでコンビニに立ち寄り。

コンビニから見た海
(クリックすると、大きい画像を開きます)

コンビニから見た海が絶景だったので思わずパチリ。天気が良いので海岸線のドライブが気持ちいいです。

まだ明るいので、もう少しだけ撮影して帰りましょうという事になりました。

どこで撮ろうかと考えた結果、有名撮影地の日置川橋梁に行ってみる事にしました。トワイライトエクスプレスやサロンカーなにわが走った時には100人単位(!)で人が集まるそうです。

今回到着時にも何人かおられたので同じように105系狙いかな…と思ったら、翌日のサロンカーなにわ復路のための場所取りだそうです。うーむ、本気の皆様は凄いとただただ感心。

現地に到着と同時にくろしおが通過。新型のくろしおが通過して「あー!」と素で絶叫したのは【この時】以来2回目です。


2336M
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まずは紀伊田辺行きがやって来ました。ラッピング車、側面窓違いという特徴がありました。

2339M
(クリックすると、大きい画像を開きます)

紀伊日置駅で交換した新宮行きがやって来ました。

2339M
(クリックすると、大きい画像を開きます)

かつて常磐線から千代田線に乗り入れていた103系1500番台を改造して105系に編入された車両でした。正面は103系時代の面影を残しており、側面窓は昔風の田の字タイプ、屋根上には丸いベンチレーターが並んでおり、これが一番特徴的な車両だそうで「この時間にこの場所で撮れたのはラッキー。」だそうです。

うーむ、105系は沼で奥が深そうです。これは危険そうだ…。

以上、サロンカーなにわがメインだったはずなのに、いつの間にか105系がメインになっていた遠征は無事終了。帰宅の途に着きました。

ご同行いただきました皆様、情報をお寄せくださった皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 105系 DD51


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

衣浦臨海鉄道&紀勢本線、紀伊半島一周の旅

4月22日(土)~23日(日)の模様です。

22日(土)ですが、DD51-853が衣浦臨海鉄道に入線するらしいという風の噂を聞きつけて撮影に出かけてきました。

撮影地として有名な陸橋にギリギリに到着したところ三脚が林立!どうやら噂は本当のようです。端っこの方にちょこんと立たせてもらいました。

5570レ(=DD51-853+KE65-3牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5570レ(=DD51-853+KE65-3牽引)。何だか親子みたいですね。

碧南市駅にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

碧南市駅で撮影会が実施されました。衣浦臨海鉄道の皆様の心遣いに感謝です。

単機訓練の模様(1)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

その後、4往復ほどDD51-853単機による訓練列車が運転されました。

単機訓練の模様(2)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

普通の白ホキ編成では撮影しにくい場所でも、単機ならば撮影できました。

単機訓練の模様(3)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

春の残り香と合わせたかったのですが、なかなかに難しい…。

単機訓練の模様(4)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

これも白ホキ編成だと難しいアングルです。

5571レ(=DD51-853牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

光線的には厳しかったですが、S字感を出したかったので。

550レ(=DD51-853牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

碧南線の白ホキに続き、半田線のコンテナ列車も牽引しました。

お召し牽引機、KE65-2!?
(クリックすると、大きい画像を開きます)

半田埠頭駅でも撮影会が実施されましたが、KE65がお召し牽引機として?登場しました。ユニークなサービス、本当にありがとうございました。

逆アングルからKE65-2
(クリックすると、大きい画像を開きます)

逆エンド側も撮影。

DD51-853もじっくり観察できました
(クリックすると、大きい画像を開きます)

DD51-853も展示されていました。鉄道模型の参考にされるのか、床下機器を熱心に撮影されている方なども見受けられました。

5573レ(=KE65-3牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ある程度のところで撮影会を切り上げ、5573レ(=KE65-3牽引)撮影に向かいました。

551レ(=DD51-853牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

最後は551レ(=DD51-853牽引)でフィニッシュ!

…横アングルでも同時撮影したのですが、その写真を間違って消してしまった…orz。ここ最近、間違って消してしまったケースが多いのでもう少し注意深く選別しなければ…と反省。



衣浦臨海鉄道撮影後、車に積み込んだ寝袋を頼りにそのまま紀伊半島を時計回りに一周。23日(日)は天気が良さそうだったので、ドライブと白浜温泉が主目的でした。

2327M
(クリックすると、大きい画像を開きます)

列車の写真はほとんど撮影できず…。主目的が主目的だから別にいいや。

白浜温泉 牟婁の湯(むろのゆ)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

白浜温泉では「どこに入ろうかな?」と思案。「崎の湯」「長生の湯」「とれとれの湯」と入った事があるので、今回は「牟婁の湯(むろのゆ)」をチョイスしました。

穏やかな海、一点の曇りなき空
(クリックすると、大きい画像を開きます)

入浴後、近くの海と空をパチリ。本当に穏やかな天気の一日でした。

鯛茶漬けも頂きました
(クリックすると、大きい画像を開きます)

フィッシャーマンズワーフで鯛茶漬けも頂きました。ごちそうさま!

次は藤の季節ですね
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中の紀ノ川SAにて。桜の季節は終わってしまいましたが、次は藤の季節ですね。GWにまた撮影に行かなければ。

動画はこちら↓でお楽しみください。





情報をお寄せくださった皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 衣浦臨海鉄道 DD51 KE65 105系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

遠征2日目@紀勢トワイライト

1日目のサロンカー紀伊はこちら】。

和深駅で目覚ましをセット。入線の模様を撮影し、バルブ撮影してから次の撮影地に行きましょう。お休みなさい…zzz…。



ふと目が覚める。何だか妙に明るいぞ?トワイライトの姿がないぞ?

時間は?6時35分…おかしいな、列車が遅れているのか?

寝ぼけていたが、ようやく意識がはっきりしてきた。5時15分着、6時31分発だったはずだから…今は5時35分じゃなくて6時35分…。

ギャーッ!寝ている間に出発してしまっているじゃないか!

仕方がない、串本と古座の停車を利用して追い抜くしかありません。出発直後に目が覚めたのは不幸中の幸いでした。

1回目の遠征より日の出が遅くなっている】ので、逆に陽が柔らかいとも言えます。

オーシャンアロー
(クリックすると、大きい画像を開きます)

以前から気になっていたストレートで待ってみる事にしました。

9027レ(=DD51-1191+DD51-1109牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9027レ(=DD51-1191+DD51-1109牽引)。トワイライト本体よりDD51重連ばかりが目立っていますね(汗)。

この後にもう1回撮影チャンスがあったのですが、自責+他責により失敗…orz。昨日に引き続き、今日も駄目な日なのか?

仕方がないので折り返し列車を絶対にモノにすべく、足湯もマグロも泣きながら諦めてロケハンです。そんなもん当然じゃ!とツッコミが入りそうですが、ゆる鉄な普段の私ならば「足湯&マグロ>ロケハン」なのです(笑)。

105系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中、105系に遭遇。ヘッドマーク付だったらここでも構わないけれど…と思いつつ、ロケハン続行です。

有名な俯瞰は人が多そうだったので、私は地味な場所を探してあっちこっちウロチョロしてみます。脚立を出して確認してみたり、川下り&岩登りをしてみたり、干潮になった海岸線を裸足になって歩いてみたり(笑)、色々な場所を探してみました。

海沿いから撮影できる場所も見つけたのですが、編成全てが入らなさそうだった事、【1回目】と【2回目】で一応は海が手前の写真を撮っているので、今回は編成主体で行く事にしました。

最後まで悩んだのは

アウトカーブから
(クリックすると、大きい画像を開きます)

アウトカーブから撮るか

インカーブから
(クリックすると、大きい画像を開きます)

インカーブから撮るかの二択。結局私はインカーブを選択しました。アウトカーブは朝に失敗しているので嫌な予感がした事、インカーブの方がギリギリまで編成を引き付けられるので重連が分かりやすくなる事、もしかしたら編成最後尾まで入るかも?に期待した事が理由です。

381系「くろしお」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

381系「くろしお」。雲行きはコロコロ変わる不安定な状態です。

オーシャンアロー後追い
(クリックすると、大きい画像を開きます)

オーシャンアローの後追い。頼む、この状態で来てくれ!

そして本番。

9028レ(=DD51-1109+DD51-1191牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9028レ(=DD51-1109+DD51-1191牽引)。少し編成最後尾に樹がかかりましたが、何とか編成全部が入りました。私的にはこれで十分満足です。

この後はロケハンしつつ追いかける。俯瞰でちょこんと機関車が入る場所もあったのですが、さすがにこれでは埋もれすぎだろうという事でパス。

…結局、どこも決め手に欠いてタイムアップ。2回目は不戦敗になってしまいました。

まぁ、元々この区間はどう撮影したものかと【前回も頭を悩ませた区間】なので、仕方がありません。伯備線3084レの上菅~生山間と言えば、分かる人には分かるでしょうか(苦笑)。

その区間よりはよっぽど区間が長かったのに場所を見つけられなかったのは公然の秘密です。

3回目は「曇るかなぁ…。」と予想して海を諦め、編成主体で行く事としました。

9028レ(=DD51-1109+DD51-1191牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9028レ(=DD51-1109牽引)…途中から単機牽引になったようです(ぇ)。そうかぁ、紀勢本線も山岳部分を抜けて楽になったから…ってオイ!

晴れたのは好都合でしたが、予想以上に次位が目立たず、客車の両数も見誤ってS字を描かず。単機牽引だったらギリギリOKを出していたと思うのですが(甘)、最後にやっちまったなぁ。

以上、どうもピリッとしない2泊3日弾丸ツアー報告でした。

撮影地でご一緒させていただきました皆様、情報をお寄せくださった皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

追伸>
前日にレンズを無くしたと思しき場所をもう一度探しに行きましたが、結局見つけられませんでした(悲)。

追伸2>
仕方がないのでヨド○シカメラにレンズを買いに行ったら駐車券を無くすというオマケ付き(アホ)。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 283系 DD51 105系 381系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

遠征1日目@サロンカー紀伊

元々噂になっていたのは「和歌山線の橋本~紀勢本線の新宮間をサロンカーなにわが走る。」という噂だったのですが、それに加えて翌日は紀勢トワイライトも運転されるらしいとの事でした。

という事は、和歌山県でサロンカーなにわを撮影⇒車中泊⇒紀勢トワイライトが撮れるじゃん!と皮算用。こうして1泊2日の行程が出来上がった…

1065レ(=EF200-901牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…のではなく、向日町を出発するサロンカーなにわを撮影してからマルヨ行程で現地入りするので2泊3日となります(笑)。

この日はダイヤが乱れており、その影響で快速列車で完全ブロックされて通過が見えないんじゃないか?疑惑が出たりと、精神的に動揺する要素が沢山ありました。

ここまでお読みの方はお気づきかと思いますが、まぁ要するに写真がないのはそういう訳でして(号泣)。これだけ伏線を張っておけば大丈夫…と思ったら、お仕事帰りにふらりと立ち寄られたS様は一発勝負でバシッと決めておられました。さすがとしか言いようがありません。

私はこのEF200-901の1065レぐらいしか「それっぽい。」物が撮影できずという散々な結果でした。しかもいつもより暗いし…。

何故暗いのかと申しますと、いつもの場所だと編成全体が入らないので少し後方から撮影したからです。前方、すなわちいつもの場所は蛍光灯が通過線寄りに設置されているのですが、少し後方に移るとこのとおりです。以上、言い訳完了!(ぉぃ)

そんな訳で、急遽和歌山線の撮影だけご一緒してくださる事となったS様と二人で和歌山線へ。撮影地到着後は車内で仮眠タイム…zzz。

二人とも仮眠に収まらず、結構ガチで寝ていた気がします(笑)。

105系地域色
(クリックすると、大きい画像を開きます)

起床後、撮影を考えていた場所には大勢の同業者が。やっぱり皆、考える事は同じのようです。

こりゃいかんとロケハンを開始。ふと「橋本までの送り込み回送って、まだ通過していないんじゃないですか?」という話題に。

そこで和歌山側にカメラを向けて待機しようとすると「Alexさんじゃないですか。」と声をかけられる。何と、先日の【大人の遠足】で初めてお会いしたD様とK様でした。何たる偶然!

いやー奇遇ですねーとひとしきり会話した後、カメラをセッティングして待つ事しばし。やってきたのは…地域色の105系でした。これがサロンカーなにわの本番だったら確実に編成が切れていましたね(汗)。

そのような心配をしていたのですが、後から来られた方曰く「橋本駅にもう到着していますよ。」との事。な、なんだってー!

要約すると、和歌山方面に向けて構えていても全く意味がないじゃないか。結局、K様、S様、後はお名前は伺っていない何名かの方と踏切で撮影する事にしました。

105系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まずは105系。地域色ばかりになったのかと思っていましたが、まだ原色も走っているのですね。

撮影方法は三者三様で、K様は「線路を渡った向こう側から、画面右側にあるみかん畑を前景に入れて」S様は「私と同じ場所から、右側にススキを入れて」私は

9439レ「サロンカー紀伊」(=DD51-1192牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

曇りを予想して正面を大きくアップで撮影しました。何人かで撮影すると色々な狙いが見えて興味深かったり、勉強になったりします。私は圧倒的に後者ですけれど。

S様はここでお帰りになられるので最寄駅までお見送り。K様も別行動なのでここでサヨナラです。連絡先を交換できて良かったです。

さてと…ここからは単独行なので、撮影地選定に失敗しても自分がダメージを受けるだけで済みます。まずはG○ogleEarthで見ていて気になったカーブに行ってみる事にしました。

本当にGo○gleEarthは便利で、架線柱の立っている向きや民家の位置までしっかり教えてくれていました。本当に便利な世の中になったものです。

しかし、当然ながら現地に行かないと分からない事もあります。例えば、手前に電柱とケーブルが入りうる事など。

こうなるとエイヤで「縦アングル。鉄道関係外の人工物の写り込みは減らせる。編成は分かりにくい。」「横アングル。編成はほとんど入る。鉄道関係外の人工物が写ってしまう。」二択から選択する事になります。私が出した答えは

9139レ「サロンカー紀伊」(=DD51-1192牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

縦アングルでの撮影でした。

9139レ「サロンカー紀伊」(=DD51-1192牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

次はオーソドックスにアウトカーブから。もう少し長いレンズでも良かったかもしれません。

9139レ「サロンカー紀伊」(=DD51-1192牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

失敗例その1。ロケハン中に列車が来てしまいました…orz。

9139レ「サロンカー紀伊」(=DD51-1192牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

後ろが少しざわついていますが、一番順光で撮影できた一枚です。

しかしこの時、大ポカをしでかしている事には気付いておらず…。

9139レ「サロンカー紀伊」(=DD51-1192牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

失敗例その2。【以前に来た際に】【気に入った場所】であり、上手く夕陽ギラリでも撮影できるんじゃないかと期待しましたが、見事に日陰に入っているだけでした…orz.。時間がないので移動もままならず。

そう思っていたら、何と先に別れたK様も少し離れた場所から撮影されており、見事に水面の煌きを取り込んでおられました。相変わらずの素晴らしい写真にただただ感心するばかりです。

ちなみにこの後もう1回撮影のチャンスがあったのですが、到着と同時に通過してしまいました。不戦敗なので失敗例その3です。

仮に撮影できていたとしても、私の想定が甘くて失敗例にカウントされていた事請け合いですけれど。

これで今日の撮影終了!機材を片付けて…と、何だか違和感を感じる。カメラバッグの中身、何だか少なくね?

最初は「レンズを付け替えた際に外したレンズを車に置いているんだろう。」と軽く考えたのですが…いくら数えても、標準ズームレンズがない、ないないない!

EF200-901撮影時に使ったんだから、家に忘れてきたという事は絶対にありえません。5回目の撮影時には異変をかすかに感じていたので、1回目~4回目のどこかで落とした可能性が濃厚です。

1回目はゆったり構えていたので大丈夫だろうし、4回目は踏切が鳴ったので慌てて撮ったのでカメラバッグは触らず。となると、2回目か3回目となります。

確かに2回目の撮影は崖から滑り落ちたし(汗)、3回目は焦っていたのでカメラバッグが開いてレンズが落ちそうになったし(汗)、思い当たる節はあります。

仕方なく3回目の撮影地に戻って真っ暗な中を捜索してみましたが、見つからず。

うわー、やらかしたか?(涙)

まぁ、人命に関わるような事ではないのが不幸中の幸いでした。

やっちまった物は仕方がないので、白浜温泉に入浴してリフレッシュ。サロンカー紀伊の回送を流し撮りに行こうかと思ったら…今度は鍵がない、ないないない!

おい、嘘だろ…orz。

温泉の隣で食事したので「鍵が落ちていませんでしたか?」と聞きに行ったり、ロッカーに忘れた可能性があるので、次に利用されていた方に無理を言って探していただいたり、懐中電灯を借りて駐車場を探したけれども見つからない。

サロンカー紀伊の回送の通過時間が刻々と迫っていますが、そんな事を言っている場合ではありません。私、ここからどうやって移動するのよ?

何か絶望的な気分で何気なく腰に手を当てたら…詳細は割愛しますが、今後私は頭の上にメガネをのっけて「メガネはどこだー?」と探している人を笑えなくなりました(汗)。

そんな訳で鍵紛失事件については何とか未遂で終わりましたが、このままだと白浜駅には確実に間に合いません。

カンピューターをフル回転させる。「串本は見たまま報告によると通過したらしい。白浜も通過。このまま和歌山までノンストップか?」「否、そんなはずはあるまい。」「停まるとしたらどこだ?紀伊田辺、南部、印南、御坊…白浜を通過してまで停まるとしたら紀伊田辺だ!」と即断して急行しました。果たして私の読みの結果は

回9728レ(=DD51-1192牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ビンゴ!乗務員交代で一瞬だけ停車してくれました。

普段は練習も兼ねてMFでピント合わせをするのですが、今回はすぐにでも発車しそうだったのでAFで大雑把に合わせての撮影となりました。

このまま和歌山まで追いかけようかと一瞬考えたのですが、確実にダウンしそうだったので大人しく南に向かう事としました。次の目的地はホテル和深駅前、簡単に申しますと二日連続の車中泊です。

2日目の紀勢トワイライトに続く

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF200 105系 DD51


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

紀勢トワイライト(2回目)

紀勢トワイライトが運転されたので【前回に続いて遠征してきました】。

…と、結果だけを書くと簡単なのですが…。

皆様ご承知の通り、超大型の台風19号が接近していました。まず「本当に紀勢トワイライトは運転されるんですか?」話はここからです。

見たまま情報等を確認していると、とりあえず運転される模様。往復共に客扱いなので、途中で打ち切りという事はないと見て良さそうです。JR西日本のお墨付きで「風」の問題はクリアしました

次の問題は「雨」。降水確率30%以上となっており、夜にかけて台風が接近するので天候の悪化が懸念されます。今後の紀勢トワイライトは日程的に撮影に行けなさそうなので、今回がラストチャンスではあるのですが…「これ、本当に行くの?」と自問自答。

そこで気圧配置図を見てみたところ、想像していたより悪くない。前線がかなり南の方に寄っており「これならギリギリ行けそうだ。」と確信、決行の運びとなりました。



前回は多数の撮影者が詰めかけていた古座川橋梁にも立ち寄ってみましたが、ほとんど人の気配を感じません。さすがにこの天候で来る 物好き ガッツのある人間は私ぐらいのものかと自嘲。

最初の撮影地としようかと一瞬思ったのですが、天候が天候なので【前回偶然見つけた場所】で比較撮影する事としました。

105系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前回は青空を多く取り入れる構図でした】が、今回は海を大きく入れる構図にしました。

特急「オーシャンアロー」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

微妙に立ち位置も変更し、編成が入る長さが心もち長くなるようにしています。

9027レ(=DD51-1191+DD51-1193牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9027レ(=DD51-1191+DD51-1193牽引)。今回は撮影して即撤収、無理のない範囲で北に向かってみます。

9027レ(=DD51-1191+DD51-1193牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9027レ(=DD51-1191+DD51-1193牽引)。先程は海を大きく入れた構図だったので、今度は紀勢本線らしからぬ(?)山深い場所で撮影してみました。

この後は前回と同じくマグロでも食べて…と思ったら、この天気なので当然ながら漁は行われておらず、朝市もシーンとしておりました。そりゃそうだ。

結局、マグロは諦めてサンマ寿司で朝食です。

奇岩
(クリックすると、大きい画像を開きます)

列車撮影がメインになっていますが、この辺りは奇岩や景勝地の宝庫です。天気の良い時にのんびりと観光して回りたいぐらいです。

折り返し9028レも「海」「山」とバラエティ豊かになるように撮影しようとロケハンしながらウロチョロしてみます。

105系ラッピング列車
(クリックすると、大きい画像を開きます)

105系が来たと思ったら、何だか妙に派手なラッピングが。後述のキティちゃん列車以外にもこのような列車が走っているのですね。

キティちゃん列車
(クリックすると、大きい画像を開きます)

SmartBestによるキティちゃん列車。相変わらずド派手です。

特急「くろしお」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

381系の特急「くろしお」。前回は見事に失敗したので、ようやく紀勢本線らしい景色で記録する事が出来ました。

9028レ(=DD51-1193+DD51-1191牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9028レ(=DD51-1193+DD51-1191牽引)。何枚か撮影してみて、一番波が砕け散っているカットを選びました。

奇跡的な事に直前までは晴れ間も見えていたのですが、通過時には陰ってしまいました。まぁ、台風が近づいている状況なのに太陽が拝めただけでも奇跡的なのかもしれませんが。

この後はロケハンをしつつウロウロ。廃道にしか思えないような場所で頭にクモの巣を引っかけつつ「あっちでもない、こっちでもない。」と撮影場所を探してみました。

9028レ(=DD51-1193+DD51-1191牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

9028レ(=DD51-1193+DD51-1191牽引)。運動不足気味の身体を引きずって山登りした効果があったのか?DD51重連が力強く山上りする姿を記録できるステージが見つかりました。たまーにこういうシーンに巡り合えるとロケハンが楽しくなります。

9028レ(=DD51-1193+DD51-1191牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

オマケカット。【前回ラストに撮影した時は広角気味に撮影してみた】のですが、もう少し望遠で奥を狙えれば自然一杯の雰囲気を出せるのではないか?と挑戦してみました。

結果、400mm×1.4倍(テレコン)×1.6倍(APS-C効果)=896mm相当のピントを合わせるには時間がなくてゲームオーバー。超望遠は難しいです。

ここで撮影終了!最後にご一緒させて頂いた方々は「高速道路の状況次第で、もう一回撮影できるかも。」と仰っていましたが、私は「白浜まで来たので温泉だ!この前は崎の湯だったので、今回はお勧め頂いた長生の湯でゆっくりしよう。」という有様でした。

ちなみに、最後にシャッターを切ったのは14時4分でした。呑気に朝市を巡っていたり、どれだけゆる鉄なのかと呆れられそうです。

撮影地でご一緒させて頂きました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 105系 283系 DD51 DGBC2系 381系


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。