中京地区を散策

今年はどれだけ遅くなっても真面目に遠征記事を書こうと思います。ブログをやっていたら当然じゃないかという気がしますが、その当然すらできていませんでしたので。

3712レ(=ED45-3+ED45-1牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

初めて稜線の見える藤原岳を背景に撮影できました。

2085レ(=DD51-1156牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

旋回窓付き1156号機はこれが初撮影でした。

動画は↓でお楽しみください。

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 三岐鉄道 ED45 DD51


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

四日市思い付き遠征

先日の土曜日はこのザマだった】ので、日曜日は「必ずどこかに出かけよう!」と決意していました。

…と決意したのはいいものの、具体的にどこに出かけるかは決めていないという。「さて、どこにしようかな?」と運用表をパラパラ斜め読みしたところ、四日市のセメント列車にDD51-852原色が充当されそうな事に気付きました。

「うん、これにしよう。(句読点を外さないように…)」と土曜日の23時に決定し、日曜日の3時前には出発していたのでした。本当に思い付きばかりだな…。



まずは早朝の6287レです。

6287レ(=DD51-1802牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前回撮った時】と停車位置が微妙に違ったのか、前面の色合いも側面の輝き具合も異なりました。そこで、前回よりさらに焦点距離を伸ばして縦アングルで撮影してみました。

この後は三岐鉄道に行こうかなと思っていたのですが、早朝の2083レがDD51-853牽引である事に気付いて予定を変更しました。

2083レ(=DD51-853牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2083レ(=DD51-853牽引)。…出来はかなり怪しいのでシグネチャはなしです(汗)。

2083レの撮影が終了し、今度こそ三岐鉄道に行こうと思ったのですが、5271レがDD51-1805牽引と気付いて再び予定変更。

5271レ(=DD51-1805牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まずは青空を大きく入れて一枚。黒い煙はDD51-1805が吐きだしたものです。あなたはSLかいな…。

5271レ(=DD51-1805牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

別の場所にて。まずは広角レンズによる撮影。

5271レ(=DD51-1805牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

続けてサイド気味に撮影。一列車で二度美味しいです。

ちなみに、ここは普通に編成を撮影する場所として有名なのでこんなに広角側に立っていたのは私一人。遠目に「何でアイツ、あんなところに立っているんだ?」と思われていたか、視界に入ってすらいないか(苦笑)。恐らくは後者が濃厚です。

ここまで撮影してようやく三岐鉄道行きです。結局のところ、いつものパターンと変わりありませんね(汗)。

天気が良いので広角気味に空を入れて撮ろうかな…と思っていたのですが、やっぱり春らしさを演出する何かがないかなぁとウロウロ。

3712レ(=ED45-1+ED45-5牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

あった!(゚∀゚)編成撮りは諦めて梅を中心に構成する事にしました。

ここに写っている3712レが継走されて5363レになります。素早く片付けて撤収し、機関車交換の間に先回りします。

5363レ(=DD51-852牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

有名な末広橋梁にて。すぐに折り返してくる5362レは失敗したので割愛します(涙)。

5362レは四日市で停まるのでもう一回撮影できるのですが、なかなか思ったように撮影できないので諦め。再び三岐鉄道に向かう事にしました。

三岐鉄道にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

貨物列車を中心に撮っているためにほとんど撮影機会のない普通列車。5362レの撮影回数を1回減らした副産物と言えます。

3714レ(=ED45-9+ED45-?牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3714レ(=ED45-9+ED45-?牽引)。本当に雲一つない青空で実に気持ち良いです。ただし、ここで撮影した動画は外付けマイクが抜けかけていたのか(?)音声が入っていませんでした…orz。

3714レ撮影後は即撤収して再び四日市へ。次の2089レは諸事情により正面アップで撮影したいと考えておりました。

2089レ(=DD51-1146牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2089レ(=DD51-1146牽引)。正面アップで撮りたかった理由は、先日から運用入りした旋回窓付きのDD51-1146牽引だったからです。しかし…2月末とは思えない気温の上昇により陽炎が出てきて「うー、ピントが合わせられん!」とアタフタしている間に来てしまいました(死)。

これもかなり怪しい出来ですが、早朝の2083レ(=DD51-853牽引)よりはまだマシだと思うので一応はシグネチャを付けておきます。

ここ最近は可能な限り動画も撮影しています。動画編集技術を学ぶため、そして見ていただく手間を省くため、ここまでの成果をまとめてみました。本当は全ての成果を1本にまとめたかったのですが、YouTubeには「動画1本あたり15分まで。」という制限があるらしく、その回避のために前編・後編に分割しました。



再び末広橋梁に戻って撮影。セメント列車に入ってくれると一日に何回も撮影できてお得です。

5364レ(=DD51-852牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

もう少し側面に陽が当たってくれるかなと期待したのですが、13時ではまだ厳しいか。

5364レ(=DD51-852牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

この次は再び三岐鉄道に行くつもりだったのですが、どうも三岐鉄道⇒5367レは時間的に厳しそうなので諦め。5367レを優先して安全策を取る事にしました。

5367レ(=DD51-852牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5367レ(=DD51-852牽引)。以前にここで撮影した際には「セメントタキ16両編成だから、編成後部がカーブにかかるぐらいに長いだろう。」と思っていたのですが、思いのほか編成が短くてスカスカになるという事件がありました。今回はそのリベンジに挑戦した事になります。

ここまで撮影し、最後は三岐鉄道を撮って帰りましょう…と思っていたのですが、【以前にお世話になった中京地区の皆様】から「夕方の白ホキが面白い事になるかもしれません。」という情報を頂き、またしても目的地変更。

どうやら今回は三岐鉄道にあまり縁がないらしいです…と言いながら、2回は寄り道していますが。

5380レ(=DD51-1805)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5367レ撮影時に見送った5380レ(=DD51-1805)。どこかで追い抜いてしまったらしく、何だかんだと撮影できてしまいました。

そして噂の白ホキ待ち。運用表を見たところEF64大宮更新色の機番が入っています。「まぁ、EF64牽引の白ホキは一度も撮影した事がないし…(※)。」と思っていたので、何が来てもいいかなと思っていました。

(※)帰宅後に改めて調べたところ、EF64大宮更新色牽引の白ホキを1度だけ撮影した事があるみたいです。

5767レ(=EF64-1016牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

教えていただいたとおりEF64-1016原色白ホキがキタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)━━!中京地区の皆様を信じて良かった!

良い条件で撮影できた事も嬉しいですが、横の繋がりに助けていただいた事がそれ以上の喜びです。本当にありがとうございました。

先の前編に続いて、後編はこちらをご覧ください。



写真以上にヘタですが、DD51のエンジン音などが残せるのは動画の強みですね。色々と撮ってみましたが、予想以上に動画撮影は面白いです。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 三岐鉄道 ED45 EF64


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

ニシカラヒガシヘ

どうせ【また】【性懲りもなく】【山陰トワイライトに】【行っているのだろう】とお思いになった皆様、半分正解、半分不正解です。そんな状態が世の中にあるのかは不明ですが。シューレディンガーの猫じゃあるまいし。

当初は確かに山陰トワイライトに行こうとしていたのですが、諸般の事情により目的地を変更しました。目的地は三岐鉄道と四日市です。

…って、【こっちも】【またですか】と突っ込まれそうですが。



撮影地に到着して愕然。もう稲刈りが終わっている田んぼがあるではないか!

確かにこの地域は収穫が早いので、それも見越して9月第1週を狙ったのですが、これでも場所によっては不戦敗になってしまうのか。来年からは8月末に訪問しようφ(..)メモメモ。

早めに到着したのでロケハン。定点撮影地と、線路を挟んだ正午前の撮影予定地はまだ稲刈りが終わっておらずに一安心…と思ったら、撮影予定地の方にはコンバインが入っていました。

正午前に戻ってきたら丸坊主になっていたらどうしよう…と若干不安でしたが「工夫すれば何とかなりそう気がする。」と自分に言い聞かせました。こう言い聞かせる時のほとんどはどうしょうもなくなっているのが教科書的なお約束。

3712レ(=ED5082+ED5081牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まずはいつも撮影する場所で手堅く3712レ(=ED5082+ED5081牽引)を撮影。収穫間近ギリギリの訪問となり、実り具合は最高です。今回はお会いした方(詳細は後述)のご要望もあり、顔文字5段階で評価します。顔文字が多く、喜んでいるものほど高評価です。

なお、評価は主観的な物ですので、世間一般の真っ当な基準に照らせば「こんなんアカンやろ!」とお叱りを受けそうな写真が多数である事、予めご承知おきください。

評価:(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)

条件は良かったのですが、【以前にも】【撮影している】場所なのにカツカツとはどういう事か。撮影者がアホなので減点。

次は四日市に移動。3712レ(三岐鉄道)が5363レ(関西本線)に継走された列車を四日市港まで狙いに来たのですが、光線の読み間違い+あっちこっちを右往左往して見事に沈没…orz。よって評価対象外、ちーん…。

5282レ(=DD51-825単機)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

気を取り直して、四日市に戻って再び撮影。

評価:(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)

単機だろうとの読み(というより、ただの経験則)は当たりましたが、【この時】ほどの本気の加速は見られませんでした。

撮影地でご一緒させていただいた方とお話させていただき、仲良くなりました。何でも関東の方から次の列車狙いで来られたとの事です。

「関東からですか?遠くないですか?」
「そうでもないですよ。3時間半ぐらいです。」

3時間半かぁ…大阪から米子までだから「うん、確かに近いな。」と思ってしまった我が身の恐ろしさよ。慣れって怖いですね。

さらに衝撃の会話。

「以前、京都~大阪間で撮影されていませんでしたか?」
「はい、撮影していました。元々はあの辺りがホームグラウンドですので。」
「やっぱり!実は1年程前にご一緒しているんですよ。」
「え?」
「その時に、色々とご教示いただいたんです。」

本当ですか?そのような事があったとは、当の本人はアホだからサッパリ覚えていない。一体何をお伝えしたのか、物凄く気になります。

衝撃の会話は続く。

「お名前は?」
「Alexと名乗っております。」
「やっぱり!ブログを見ていますよ!」
「えぇ?(゚Д゚;)」
「ちゃんとブックマークにも入れていますよ。」

こんなショボいブログをご覧になっておられる方がおられるとは。 時間の無駄だと思いますよー(ぉぃ)。 管理者が驚くというのもひどい話だ。

ご同行された方にもご紹介いただき、ひとしきり会話が盛り上がったところでメイン被写体がやってまいりました。私は先に大失態をやらかしているので、これが事実上の初撮影です。

5362レ(=DD51-1805牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5362レ(=DD51-1805牽引)。DD51原色によるセメント列車です。【これまた以前に撮っているじゃないか】状態ですが、前回は852号機。今回は私の中で撮影回数が少ない1805号機という違いがあります。

セメント列車に入ってくれると、何回も撮影する事が可能です。1805号機は撮影回数も少ないのでこの機会に一気に撮りまくろうと思っていました。その割には、朝一の列車を全敗するという不名誉な記録を生んでしまったのは前述の通り(涙)。

評価:(´・ω・`)(´・ω・`)

同じように撮影しているはずなのに、前回よりカツカツになるとはどういう事かと。三岐鉄道1枚目といい、お前はアホかと。

ここで皆様とお別れし、再び三岐鉄道に舞い戻りました。どうも楽しい時間をありがとうございました。

3714レ(=ED45-9+ED45-?牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3714レ(=ED45-9+ED45-?牽引)。午前中の3712レを撮った場所から線路を挟んだ位置にて。「正午前の撮影予定地」と前述した場所となります。

評価:(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)

コンバインによる刈り取り作業が終わってるかと思いましたが、まだこちら側までは進んでおらず。鉄道関係以外の人工物写り込み具合も3712レより少なく、個人的にはこちらの方が好みですので評価を上げました。

3713レ(=ED45重連牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3713レ(=ED45重連牽引)。先の3714レ撮影後、即撤収して追いかけようと思ったのですが「3713レを撮影してからでも間に合うじゃん。」と気付き、急遽Uターンしてきました。

評価:(´・ω・`)(´・ω・`)

編成が切れているのはあまり気にしないので良し。田んぼも大きく取り入れられたので良し。しかし、予想以上に背景の森と同化してしまいました。戦略ミスですね。

しかし、3714レ⇒3713レ撮影が可能という事実、これは次回以降に活かせそうだ。

末広橋梁、閉まりまーす
(クリックすると、大きい画像を開きます)

再びやって来た四日市港にて。全国的に見ても珍しい可動橋である末広橋梁が閉まる途中をパチリ。

や、やっちまった…orz
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5365レ(=DD51-1805牽引)ですが。

評価:orz…や、やっちまった…(泣)

設定をあれこれ見直していたら、もうそこまで列車が来ていたとか。やっぱりアホかお前は。これに動揺したのか、折り返し列車も再び失敗(号泣)。

これ以上失敗すると立ち直れなくなりそうなので、次は【過去の撮影実績がある場所】で手堅く撮影する事にしました。

5364レ(=DD51-1805牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

関東から来られた皆様とも再びお会いし、5364レ(=DD51-1805牽引)を撮影しました。

評価:(´・ω・`)(´・ω・`)

予想以上に天気の悪化が早い。もう少し晴れてくれると期待したのですが、こればかりは仕方がないですね。

次は、私が撮影するラストのセメント列車。あまり編成写真を撮っていないので、一枚は手堅く撮影する事にしました。

5367レ(=DD51-1805牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

評価:(´・ω・`)

天気はやむを得ないとして、編成長が思っていたより短くてカーブを描かず。列車全体がストレートに乗るはずという事は【先日の撮影で分かっていた】はずなのに、学習能力がなさすぎる。

5366レ(=DD51-1805牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

評価:(`・ω・´)(`・ω・´)(`・ω・´)

ようやく末広橋梁で撮影できました。機関車の配置をどうするか散々悩み「末広橋梁の門に挑むDD51」という構図とし、右上には大きく青空を配する事にしました。

ブロック塀が思っていたより低く、タキ1900は完全に隠れると思っていたら中途半端に屋根だけが見えているのがいかんなぁ。

一旦停止
(クリックすると、大きい画像を開きます)

末広橋梁を渡り終わった後のスナップ。

評価:(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)

末広橋梁で撮影した中では、これが一番マシかな。一応の差を付けるために顔4個としましたが、絶対評価としては顔3.5個ぐらいかな。

(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀|壁

 末広橋梁が全く写ってねーじゃん!とは突っ込まないように。 

ここで初めて気付いたのですが、側面に換気扇ファンのような網目がありました。「あれ?DD51って全てこんなの付いていたっけ?」と【以前に撮影した852号機】と比べてみましたが、側面には付いていませんでした。

852号機は1805号機とエンドが違っているのだろうか?と反対側も見てみましたが、やっぱり見つからず。このような違いがあるという事を初めて知りました。こういった細かい仕様まで違いを追いかけるとなると、本当に大変だろうなぁ。

特急「南紀」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

先に撮影した場所と同じですが、天候が回復基調だったので同じ場所で再挑戦しました。

先の末広橋梁に続き、関東から来られた皆様と再びお会いしました。本当によくお会いします。

再びお話を伺ってみると、皆様は「米タン某駅支部」の皆様らしいです。「凄くマニアックな支部ですね。」などと失礼な事を申してしまいましたが、「某駅夜間撮影隊」の方がよっぽどマニアックじゃないか。」と反省。

今回の遠征には美人な方もご一緒されていました。鉄道撮影で女性にお会いする事自体が珍しいのですが、先の支部では女性も多いそうです。 何と羨ましい…って、エロオヤジかお前は。 

色々と会話が弾み、あっと言う間に時間になりました。到着時より光線は弱くなりましたが、それでも1回目よりはずっと条件がよろしい。

5366レ(=DD51-1805牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

評価:キタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)━━!

大三元、字一色、四暗子のトリプル役満(なんて言葉があるのか?)。最初にお話させていただいた方が「顔文字の評価が面白い。」と仰っておられたので、今回はそれを強調する形にしました。

ここまでで米タン某駅支部の皆様とはお別れ。名刺を作っておけばお渡しできたのになぁと反省。以前に作ろうと思ったのですが、その時はお蔵入りしてしまいました。今回の一件があったので、やっぱり作りましょうと決定した次第です。

3717レ(ED45-3+ED45-?牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ラストに三岐鉄道に戻ってきて。一面の金色の野に期待していたのですが。

評価:(´・ω・`)

 ミステリーサークルです ダウンバーストでも発生したのでしょうか?かなりの稲穂が倒れてしまっていました。

そして天気予報通りに天気も下り坂。四日市で晴れに恵まれたのは四日市界隈で撮影されていた皆様の日頃の行いが良く、一人で三岐鉄道に来た私は【先日の遠征】で良い事貯金を使い果たしていたのでしょう。

さらに、背景の高圧鉄塔で串パンになるとか。これは完全な自責で言い訳の余地なし。注意力不足で全くお話になりません。

藤原岳をバックに
(クリックすると、大きい画像を開きます)

かなり暗くなってきたのでロケハンだけでもしておきましょうと色々と巡ってみる。一応は撮影しましたが、評価対象外でお願いいたします。

色替えイリュージョン
(クリックすると、大きい画像を開きます)

列車の色が変わった? Photoshopで色を塗り替えました(嘘)。 一気に色を変えるイリュージョンが炸裂しました。「こんなドンピシャに同じ位置でシャッターを切れるとは。」と、実は自分が一番驚いたという。



以上で撮影終了!撮影地でご一緒させていただきました皆様(特に米タン某駅支部の皆様、北浜踏切付近でご一緒させていただきました皆様)、本当にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 三岐鉄道 ED5081 DD51 ED45 キハ85


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

リニア・鉄道館

どこか連れてけ!と催促されたので「よーし、連れて行ってやろう!」という話になりまして

3712レ(=ED456+ED453牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

三岐鉄道へGO!

…もちろん、これは序章です。目的地に行く途中に立ち寄っただけです(ぇ)。

本当は【先日教えていただいた情報に従って1503レを撮影しようとした】のですが、お盆休みのこの時に限ってまさかの901レが運転された⇒白ホキの姿形もなしという。ガビーン…。

結局、いつも通り3712レから撮影開始となりました。

…本当はこの前に関西本線5271レ運休というもう一つショッキングな出来事があったのは秘密です。

関西本線の石油列車も動いていないので「これだけで終わるのは物足りないな。」と四日市まで足を延ばす事に(ぉぃ)。

5363レ(=DD452牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5363レ(3712レを継走)の四日市より先のダイヤは把握しておらず、末広橋梁を渡る姿は上下共に撮影失敗(死)。スイッチャーによる入替も5362レが先に到着するという事を把握しておらずに見る鉄(爆死)。結局、慌て気味に5363レを撮影するだけに留まりました。

5363レ、DD51牽引で到着
 ⇒ 5362レ、スイッチャー牽引で到着
 ⇒ 5362レ、DD51牽引で出発
 ⇒ 5363レ、スイッチャー牽引で出発

という順番らしいですφ(。。;メモメモ。



ようやく本題。リニア・鉄道館に行ってまいりました。

C62
(クリックすると、大きい画像を開きます)

いきなりC62がお出迎え。全ての形式をタグ付けしているとパンクするので、既にタグ付けしている物についてのみタグを付けるようにします。リニア・鉄道館に収蔵されている仲間もいれば、まだ現役で走っている(中には最初で最後の走行シーンもあるが)仲間も居る形式という事になります。

300X
(クリックすると、大きい画像を開きます)

300X。正式名称は955形だそうです。「系」と「形」の使い分けがイマイチ分かっていませんので、wikipediaの記述を信じる事にします。

リニアモーターカー
(クリックすると、大きい画像を開きます)

リニアモーターカー。

C62-17側面
(クリックすると、大きい画像を開きます)

C62-17側面。

100系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

100系。二階建て新幹線とか懐かしいですねぇ。

165系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

165系。この辺りになると「本で見た事があるような…。」レベルです。

63系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

63系。旧型国電と言えばこの辺りかな。

キハ80系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

キハ80系。この辺りも雑誌で見た事がある気がします。

キハ10系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

キハ10系。何だか大糸線で最後まで走っていた列車に似ているような…という程度の知識しかありません(※大糸線で走っていたのはキハ52形です)。

オロネ10
(クリックすると、大きい画像を開きます)

20系登場以前の寝台車ですが、基本構造はあまり変わらないように見えます。

オヤ31形
(クリックすると、大きい画像を開きます)

通称:花魁(オイラン)列車。【宮原で昼寝をしている姿】しか撮影した事がありません…。

実は1度だけ走行シーンに遭遇した事がありますが、ピント合わせをミスって見事に失敗しました(泣)。

ホジ6005形
(クリックすると、大きい画像を開きます)

蒸気機関と旅客部分を併せ持った、今でいう気動車の先輩らしいです。この辺りになると形式名を聞いても???です。「ホ」始まりって何ですか?

C57-139側面
(クリックすると、大きい画像を開きます)

C57-139側面。

C57-139動輪
(クリックすると、大きい画像を開きます)

C57-139動輪。大きいですね…って、比較対象がないので伝わりませんね(汗)。

C57-139
(クリックすると、大きい画像を開きます)

C57-139。【先輩の1号機が未だに山口県で頑張っている】のに、先に博物館に収蔵されました。

ED18
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ED18。やっぱりよく分からんが、何となく「飯田線辺りで走っていたっぽいなー。」と思ったら、やはりそうでした。

ED11
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ED11。

モハ1形
(クリックすると、大きい画像を開きます)

モハ1形。

111系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

111系。【よく似た黄色いのは伯備線や山陽本線でしょっちゅう見ます】し、【同じ配色の列車も草津線で見ます】。まだまだ現役なJR西日本の物持ちが良いのか、はたまた…。

EF58-157側面
(クリックすると、大きい画像を開きます)

EF58-157側面。

EF58-157
(クリックすると、大きい画像を開きます)

EF58-157を正面から。EF58の走行シーンは【梅小路行き配給列車が最初で最後】だろうと思います。

52系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

52系。「あー、こういう流線型の列車が昔ブームになったと本に書いてあった!」…というぐらいの知識しかありません(汗)。

381系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

こちらも【伯備線でしょっちゅう見ます】し、【国鉄色も福知山線や山陰本線で見られる】し…と言っているうちに過去帳入りしてしまう訳です。

0系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

0系。新幹線と言えばやっぱりこれのイメージが強いです。

キハ181系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「しなの」は381系のイメージでしたが、その前はキハ181系も入線していたのか?恥ずかしながら、今回の展示で初めて知りました(汗)。

2Fから俯瞰
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2Fから俯瞰。子供さんより大人の方が楽しんでいる気がするのは気のせいか。

C62-17
(クリックすると、大きい画像を開きます)

一番最初に撮影したC62を上から。

117系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

屋外展示。うーむ、【こやつも湖西線で見たような】気がするのだが。片や博物館入り、片やまだまだ現役。同じ本州の鉄道会社なのに、何たる温度差。

ケ90形と名港トリトン
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ケ90形。「ケ」だと?もはや聞いた事すらありません…。

一応、今回の目的地だった名港トリトンをバックにパチリ。

カモノハシ(ぉぃ)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

カモノハシ(ぉぃ)。

300系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

300系。新幹線はいつの間にか引退していたというパターンが多いです。0系、100系、300系、いずれも走行写真は撮らずに終わってしまいました。一度は500系も撮りに行っておかないといかんなぁ。

あ、700系は別にいいや(蹴)。

922形
(クリックすると、大きい画像を開きます)

922形ドクターイエロー。当然ながら走行シーンは見た事がありません。

今のドクターイエローですら、防音壁の向こう側を通過中で屋根だけ見えたとか、【気付いたら遠くに後姿があった】とか、まともに見た事がありません。今回初めて「ちゃんと見た。」と言える成果を得られたような。



以上でリニア・鉄道館の見学は終了!帰宅です。

3718レ(=ED5082+ED5081牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

朝の901レが運転された場合は、3718レが運転されると教えていただいた】ので、ちょっとだけ寄り道。

3718レは無事運転されましたが、藤原岳は雲の中…。藤原岳バックで撮影したいのですが、いつになったら狙い通りに撮れるのやら。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 三岐鉄道 ED45 C57 EF58 381系 117系 ED5081


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

三岐鉄道⇔四日市4.5往復

昨日8日(土)の模様です。愛知EF64の運用表を見て中央西線遠征を取り止めましたが(ヒント:EF64-1049)、次に愛知DD51の運用表を見て「三岐鉄道と四日市に張り付こう。」と再び方針変更しました。



まずは三岐鉄道に偵察に行く事にしました。

ED454
(クリックすると、大きい画像を開きます)

保々駅横の車庫を見に行ったところ、ED45が多数留置されているのを発見。ED454は単機で留置されていたので「少なくとも今日は運用入りしなさそうだ。」と判断しました(三岐鉄道内のED45は重連運用が基本)。

ED459+ED457
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ED459+ED457。手前をED454に、後ろを機関庫内のED451に挟まれて留置されており、こちらも運用入りしなさそうです。

ED451
(クリックすると、大きい画像を開きます)

機関庫内のED451。後ろの機番は確認できず。

501レ(=ED453+ED456牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

白ホキが駅構内に留置されていました。パンタグラフが下がっていてすぐに動く事はなさそうだったので、11時5分発の501レスジと判断。

ED453
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ED453をアップで撮影。デッキ付のいかつい顔つきです。

ED456
(クリックすると、大きい画像を開きます)

次位のED456。ちょうど太陽が機関車の向こう側に位置しています。



ここまでで三岐鉄道の偵察は一旦完了。関西本線に転線する事にしました。

211系
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まずは211系を後追いで。正面が陰る事は分かっていたので、広角気味に側面を強調する形で撮影しました。銀色の車体なのでよく光ってくれます。今まで意識していませんでしたが、シングルアームパンタグラフを載せているのですね。

さて、5263レの時間です。今の時期は石油需要も少なくて単機牽引のはず。せいぜいタキ14両程度でしょう。

5263レ(=DD51-875牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5263レ(=DD51-875牽引)。ファインダー越しに「あれ?編成長くね??ヤバいー!」と思っても後の祭り(泣)。

ま、まぁ…最初は5263レが運転されているかの様子見だったし…(震え声)。

5263レ(=DD51-875牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2回目の5263レ撮影。今度は「かなり長い。」という事でかなり余裕を持って撮影…って、今度は明らかに余裕を持たせすぎました。しかも機関車の止める位置が大変よろしくない(死)。

ま、まぁ…ここまでは準備運動だったし、次が本命の撮影地だし…(震え声)。

5263レ(=DD51-875牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「今度こそタキ19両がちょうど入るだろう。もう少し望遠気味で撮影する?」などと考えましたが、何となく嫌な予感がしたので少し安全策を取る事にしました。

結果的に安全策を取ってもギリギリだったという(汗)。重連牽引だったら確実にアウトじゃねぇか!

いやはや、3回もチャンスをもらって怪しい出来の連発とは情けない。編成長予測が苦手なのがモロに出た5263レ撮影でした。

後続の5271レは、踏切待ちしている時に「あーこれが5271レっぽい。」と思っていたら案の定(苦笑)。そんな訳で見事に不戦敗。



5263レ撮影後、三岐鉄道に舞い戻り。自然豊かな所で貨物列車を撮影するのが第一目的ですが、継走されるセメント列車が運転されるかを確認するという第二目的もあります。

3712レ(=ED5082+ED5081牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3712レ(=ED5082+ED5081牽引)。よし、これで継走される5363レの運転が決定しました。

3712レ撮影後「何だか妙にパンタグラフが光っていたような。」と再確認してみると、ED5082+ED5081コンビによる牽引でした。ED5081形の撮影はこれが初だったりします。



何故に継走されるセメント列車にそこまで注意していたかと言いますと

5363レ(=DD51-852牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5363レ(=DD51-852牽引)。そうです、セメント列車が運転されるならば牽引機はDD51-852原色だと気付いていたからです。852号機は【石油列車でも】【コンテナ列車でも】撮影していますが、セメント列車での撮影経験は(多分)ありませんでした。この運用に入ってくれたら一日中のお付き合いとなる効率の良さも後押ししてくれました。

この後は追いかけようかと思ったのですが、ご一緒させていただいた地元の方に「渋滞しているし、例え渋滞していなくてもギリギリだよ。」と教えていただいたので、無理をせずに2085レを待つ事にしました。

2085レ(=DD51-1805牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2085レ(=DD51-1805牽引)。先のセメント列車に続き、原色1805号機の登場です。これが今回は三重県に張り付こうとした二つ目の理由です。

5282レ(=DD51-875単機)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

朝の5263レがタキ19両と意外と長編成だったため「折り返しの5282レも運転されるのでは?」と期待したのですが、世の中そう甘い事はなくて【やっぱり単機】でした。

5362レ(=DD51-852牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5362レ(=DD51-852牽引)。光線状態が厳しくなってきましたが、何とかなった…かな?後ろに出発待ちの2080レ(=DD51-1805牽引)を写し込むことにも成功しました。



普段ならばここまでで三岐鉄道⇔四日市間の撮影は切り上げて稲沢に向かう事が多いのですが、中央西線遠征も取り止めていたのでそのまま三重県内に張り付く事にしました。仮に中央西線に遠征する事になっていたら、ここから向かっていたかもしれませんけれど(苦笑)。

という訳で、3714レは今まで撮影した事がないのでロケハンからです。あまり時間もなかったのでパッパと「行けそうだが、背景がゴチャゴチャしてそう。」「無理っぽい。」を判断した結果、朝に3712レを撮影した場所の反対側まで来てしまいました。

おそらく反対側も田んぼになっているだろうと適当に考えていましたが、世の中そう甘い事はない訳でして、想像したようには撮れない事が判明。間もなく列車が来るので検討する余地がほとんどなくなってしまい

3714レ(=ED456+ED453)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

青空が背景になるように広角ローアングルで撮影する事にしました。もう少し引き付けられればより良かった気がしますが、元々のスケジュールに無理があったようです。

撮影後、機番を確認するとED456+ED453コンビである事が判明。「あれ?白ホキ501レのスジで東藤原に向かったとすると、絶対に3714レには間に合わないはず。」という事は、白ホキは早朝の901レスジで運転されたのだろうか?

5263レを撮るために移動したので白ホキの出発シーンは見ていなかったので疑問のまま。次回に向けた宿題のようです。三岐鉄道の運用表は全く知らないからなぁ。



何はともあれ、3714レが運転されたという事は、継走される5365レも運転される事を意味します。852号機撮影のチャンス再びですので四日市に戻る事にしました。当初の予定通りの行動ではありますが…。

「2089レが全検明け1801号機だけど、渋滞がひどいし間に合わないよなー。」と思っていたら

2089レ(=DD51-1801牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

撮影地に到着すると同時にやって来ました(笑)。これは想定外だったのでツイてます。

次の5365レは2080レとほぼ同時通過っぽいです。どちらが先に通過するのかは全く分からないので「光線状態が比較的マシな、852号機牽引の5365レか?」「あまり撮影できていない1805号機牽引の2080レか?」散々迷いましたが

5365レ(=DD51-852牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

光線状態のマシな5365レ(=DD51-852牽引)を選びました。

2080レ(=DD51-1805牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…と思わせて、すぐに振り返って2080レ(=DD51-1805牽引)も撮影したり。虻蜂取らずになる可能性大でしたが、やっぱり両方とも撮影したいという欲求には勝てませんでした(笑)。

5365レがかなりカツカツなのは、2080レ狙いでセッティングしていたところ「あちゃー、5365レが先に来たやん!」と慌てて振り返って撮影したためです。

しかし、2080レの時点でもかなり逆光が厳しく「折角なので、新しい撮影場所を探そう。」とロケハン開始。まともに正面から撮ろうとすると前述の通り逆光が厳しいので、サイド気味に撮れる場所はないかなーとウロウロ。

「朝に5363レと2085レを撮った堤防近くの橋梁は、下り線は完全ブロックされていたけど、上りは確か…。」と思い出す。

5364レ(=DD51-852牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5364レ(=DD51-852牽引)。記憶は確かで、上り線はブロックされていませんでした。

近くに四日市らしいコンビナートの煙突が立っていたので、そちらと組み合わせる事にしました。本当ならば石油列車とセットで狙った方が良いのですが、今の季節は撮影可能時間帯に上り石油列車が運転されませんので…(言い訳)。



再び三岐鉄道に戻ってくる。関西本線で5364レが運転されたので、三岐鉄道に継走される3715レも運転されるという寸法です。

3715レ(=ED453+ED456牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3715レ(=ED453+ED456牽引)。左側に赤い看板が目立つので画角からカットし、機関車の顔で白いボックスを隠しました。結果的に後ろパンタグラフが架線柱を回避できるオマケ付き(嬉)。

ほぼ自分の思った通りに撮影できましたが、結果を見返すと「ちょっとカツカツだなぁ…。」自分の思い描く一枚を撮影するのはなかなか難しいものです。



次の3718レまで時間があるので、貨物列車が運転される三岐線から少し離れて北勢線の撮影に行く事にしました。北勢線は日本では珍しい軌間762mmのナローゲージであり、車両もミニサイズで「鉄道模型のような」という言葉が良く似合う路線です。

北勢線を代表する有名な橋梁が近くにあったはず…との記憶を呼び起こし、場所を調べてロケハン。

三岐鉄道北勢線・めがね橋にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

北勢線と言えば「めがね橋」と「ねじり橋」が有名です。今回は「めがね橋」を中心に構成しました。

しかし、手前の雑草が凄いな…(汗)。もう少し線路に寄って撮影したかったのですが、そうなると正面がちになるので陽が回っていないし…。正面がちに撮るならば、正午ぐらいに狙うのが良さそうです。



再び三岐線に戻ってきました。次の3718レは運休で重単のみで運転されるはずです。やっぱり正面には陽が当たらないので、サイド気味に撮影する事にしました。

しかし「架線柱のワンスパンに入るのか?」という疑問が。こればっかりは重単が来てみないと分かりません…普段からちゃんと観察しておけよ!

また、この辺りは田植えが早いのでもう少し稲が成長している事を期待したのですが、意外と自分の想像していたようなスパンがありませんでした。背景が多少ゴチャゴチャする事には目をつぶり、一番生育の良いスパンを選びました。

3718レ(=ED456+ED453)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3718レ(=ED456+ED453)。予想以上に重単は短かったです(苦笑)。こりゃ9月ぐらいに再挑戦だな。



次の白ホキまで時間があるので、どうしたものかなーと思案。この時間帯のダイヤはあまり理解してないので、再び運用表と時刻表をひも解く事に。「あ、2088レがDD51-1801で稲沢に戻るやん。」という訳で、再び四日市に戻ってきました。

戻ってきたものの、四日市駅に2088レの姿が見えず「?」。見えない奥の方に停まっているのか?

時間になって、まさかの左から出現。「げげっ!しかも結構編成が長い?」

2088レ(=DD51-1801牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

早朝の5263レに続いてやっちまいました(泣)。しかもよりによってタンクコンテナの所で切れるという大失態で、これはひどい。



しかし、2088レ撮影中に雲に切れ目が見えたので「三岐鉄道白ホキ504レで側面に陽が当たるのではないか?」という期待が見えてきました。どうせ帰り道という事もあり、再び三岐鉄道に戻ってきました。

504レ(=ED5082+ED5081牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

世の中そう上手い話はない訳でして、見事なまでの曇天。全然露出が足りないので、久しぶりにサイド流し撮りに挑戦する事にしました。挑戦する羽目になったという方が正しいかも?

かなり怪しい出来ですが、3712レに続いてED5082+ED5081牽引の白ホキ列車、そしてホキ1両が写って「ホキ1000-21」と読めるのでギリギリOKとしました(甘)。



以上で撮影終了。八風(はっぷう)街道経由で山を越え、名神高速道路で帰宅しました。四日市から新名神を使わなかったのは、亀山付近で渋滞に巻き込まれそうな事もありましたが、こちらの方が料金が安いからです(汗)。

八風街道とちょっとオシャレな名前ですが、トンネル開通前の石榑峠(いしぐれとうげ)という名前の方が有名かもしれません。石榑峠時代ならば私もこの道を通る気はしなかったはずです。その理由は【こちらの記事なんかをご覧いただければ分かりやすい】かと思います。

撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場にて御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : 三岐鉄道 ED45 211系 DD51 ED5081


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。