北海道遠征@後編

←前編はこちら

7日(日)の模様です。函館に戻ってきたのが6日(土)の23時。見事なまでに予定表通りです。

その後の予定では、函館044-123の201レ「はまなす」、そして函館252-322の202レ「はまなす」を撮影後、再び江差線に撮影に行く事になっていました。

…誰が見ても明らかなのですがいつ寝るんですか、これ。

一応は予定表にも「気合が入らなければ不戦敗…?」と書いてありました。ある程度は無謀だという認識はあったらしいです。出発日の午前3時に完成した予定表ですが、少しは理性が残っていたようです。

まぁ、前編にも書きましたが、あまりにも当然のごとく不戦敗しました。



そんな訳で、再び江差線です。

2051レ(=EH500-40牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2051レ(=EH500-40牽引)。今度は普通に横アングルで撮影する事にしました。

…この時、 パンタグラフの位置をしっかりと確認しておくべきでした。「片方のパンタグラフが上がるなら、当然後ろが上がるんでしょ。」と思い込んでいた事がまさかの悲劇を招く事に。

やっぱり壁である
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前日も「カシオペア」前にやってきた貨物列車。迫力のある編成でいいですねー。この辺りでの撮影を繰り返す事になったなら、確実にマークすべき列車になっていると思います。

さぁ、交換する貨物列車も通過しましたし、いよいよ本番です。踏切が鳴って「北斗星」が姿を現しました。ED79牽引の青い編成が実に美しいが…あれ?ED79のパンタグラフが思っていたより上にあるような?

ちょ!ヤバい!パンタグラフが切れる○×△□〒★☆±(以下、解読不能…)

8007レ「北斗星)(=ED79-14牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

終わった…orz。

駄目元でシャッターを切ったものの、ムダだろうなぁ…・全消しかぁ…ここまで来て最高の天気なのに何やってるんだもう駄目だ死にたい…orzorz。

現実を直視しなきゃならんという事で確認したところ…おぉ!架線ビームが横向きにグッサリ刺さっていますが、切れる事自体は回避できていました。∩(・ω・)∩ばんじゃーい

前述の通り思いっきり横向きに刺さっておりますし、仮に後ろが上がっていたとしたら上スカだったじゃないかという当然の指摘が残りましたが、人生万事が適当な管理人は結果オーライです。



単純な管理人は喉元過ぎれば何とやらで、気分良く次の撮影地に向かう事に。【前日】に大沼公園のロケハンも済ませているのですが、S様と二人の意見が一致しました。あの俯瞰がやっぱり素晴らしかったので、もう一度晴れ間が見える事に期待して再挑戦!

8007レ「北斗星」(=DD51-1100+DD51-1138牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8007レ「北斗星」(=DD51-1100+DD51-1138牽引)。残念ながら前日と同じく完全な晴れ間は見えませんでしたが、今度は駒ケ岳が見えたので広角気味に撮影してみました。広角と望遠、両方の選択肢がある場合は望遠を選択する事が多い管理人としては珍しい事です。これも北海道はデッカ(以下略)。

2051レ(=DF200-110牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2051レ(=DF200-110牽引)。前日は「カシオペア」を撮影できて有頂天になっていてあえなく見る鉄した列車です。



前日は江差線を中心に撮影しましたが、今度は函館本線~室蘭本線を中心に撮影する事にしました。

3080レ(=DF200-117牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「これ、見た事ある!」という有名撮影地以外でも、いくらでも撮影できそうです。

5003D「スーパー北斗3号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

横アングルで撮っても良し。

3091レ(=DF200-51牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

縦アングルで撮っても良し。「本物のレッドベア(DF200の愛称)だ、スゲー!」と夢中でシャッターを切りました。

821D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

森駅のすぐ近くですら、このロケーションです。正面に陽が回りませんでしたが、お手軽撮影地と考えれば十分にお釣りが来ます。

5004D「北斗4号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

キハ183も無事ゲット!そうか「北斗」がキハ183で「スーパー北斗」がキハ281で運転しているのか!とこの時初めて気付きました(遅)。

森駅まで来たのは、有名な「いかめし」をゲットするためです。S様は無事購入されていました。

私?イカが苦手なのでパスしてしまいました。森駅まで来て「いかめし」をスルーするとは、これイカに。



長万部方向に向かう途中で「北斗6号」ともう一本を拾いつつ戦略です。ちょうど狙いの列車とすれ違う辺りを計算しつつ、ロケハンしながらの北上となりました。

「この辺りで北斗6号を撮影できるんじゃないですか?」とロケハンしていたら、まさかの3059レによるブロック!っておい!何でこんなピンポイントやねん!

3059レも撮れたらいいなぁと図々しい事を考えていたら、見事に二兎を追うもの一兎も得ず。ことわざの通りになりました。

しばらくは下り貨物はない事を確認して、今度こそと腰を据えて待つ事しばし。

8034D「集約臨」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8034D「集約臨」。スラントノーズ編成キタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)━━!

折り返し列車にも期待しつつ、もう少し北に向かう事にしました。

5007D「スーパー北斗7号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

有名な俯瞰アングルで5007D「スーパー北斗7号」。

5010D「スーパー北斗10号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

逆側に行って5010D「スーパー北斗10号」。

478D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

キハ141単行の478D。

94レ(=DF200-62牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

94レ(=DF200-62牽引)。思っていたより編成が短く、S字を描いてくれなさそうなので予定より早めにシャッターを切ってしましました。

次の「集約臨」と「スーパー北斗11号」連発をどうやって撮りましょうか?と試行錯誤。ド逆光覚悟での撮影も考えましたが、礼文付近だと線路が南を向いているので「サイド気味、無理ならば後追いで撮影できるかも?」と気付いて急行しました。

5011D「スーパー北斗11号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5011D「スーパー北斗11号」。残念ながら正面には陽は回ってくれませんでしたが、これは想定通り。しかし、予想以上に良い塩梅に仕上がってくれました。

これは「集約臨」も期待できそうだ…と思ったのですが、改めて手製の時刻表を確認すると「集約臨」の方が先通過予定になっているじゃないか。要約すると、どうやって撮影しようかと思案している間に「集約臨」は行ってしまったらしいです。

どうやら「スーパー北斗11号」で全ての運を使い果たしたらしく、「北斗星」も曇天+ゴーストにやられて沈没してしまいました。



8日(月)まで北海道に滞在していましたが「はまなす」は再び不戦敗。S様曰く、一度は私も3時に起きたらしいのですが、寝言ばかり言っていて「コイツに運転を任せるとヤバい。」状態だったらしく、そのまま再び寝る事になったらしいです。

後でこの話を聞いた私は起きた記憶すらなかったので、S様の判断は実に懸命だったと思います。

一応は「カシオペア」も撮影しましたが、先に撮影した写真ほどの手ごたえはなかったので割愛。お昼過ぎの便で北海道を発つ事となりました。



無謀遠征にお付き合いくださいましたS様、情報をお寄せくださったH様をはじめとする皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EH500 ED79 DD51 DF200 キハ281 キハ40 キハ183 キハ141


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

北海道遠征@前編

ようやく前編分の写真編集が終わりました(汗)。

もう一週間前の話になりますが、5日(金)夕方に関西発~8日(月)午後に関西着という日程で北海道に遠征してまいりました。今回はS様との二人旅です。普段は適当な遠征を繰り返している私ですが、行先も行先で、かつ同行者ありなので今回は本気です。普段から本気出せよ、と色々な所で突っ込まれます。



新千歳空港到着後、マルヨで函館入りしました…が、腹は減っては戦はできぬ!という事で、いきなり函館ラーメンを食べに行く事に。おいおい、最初の本気宣言は何だったのかと。

函館ラーメンを食べていたために

201レ「はまなす」(=DD51-1102牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

既に下り「はまなす」の機関車交換は終わっており、ライトが点灯しておりました(汗)。普段ならばライトが点灯していたらありがたいとしたものですが、正面がちに撮影せざるをえない函館駅だとゴーストが出てにっちもさっちもいかないのです。仕方がないので光軸をずらしてHMのみを撮影しました。

次の上り202レは、入線直後~ライト点灯までが勝負のようです。

ED79-18「はまなす」HM付
(クリックすると、大きい画像を開きます)

201レ出発後、ポツンと取り残されていたED79-18。白い「はまなす」HM付でラッキー!と思っていたら、意外とすぐに「まもなく8番線を列車が通過します。」のアナウンスが。「ちょ!早い、早い!」と慌て気味に撮影する羽目に。

ここまでで一旦撮影を終了し、駅の外に出て仮眠です。メチャクチャ寒かったので(道路脇の気温計は8℃を示していました・汗)、暖房を入れて過ごす事に。もう6月なんですけど…。

1時間ほど仮眠の後、撮影再開です。S様はパスとの事だったので、私一人で撮影に行く事に。

202レ「はまなす」(=ED79-12牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

202レ「はまなす」(=ED79-12牽引)。ED79先頭、DD51最後尾の擬似プッシュプルで撮影できるかと期待したのですが、DD51はあっさりと切り離されてしまいました。まぁ、「はまなす」の側面を照らしてくれているのがDD51のライトなのでプラスマイナスゼロでしょうか。

「はまなす」出発の頃になると、もう空が白んできました。さすが北海道、日の出も早い!その日の出を活かすべく、次の撮影地に向かう事にしました。



まずは江差線方面に向かう事に。有名撮影地と思しき所に来てみると既に先客が大勢おられました。車で仮眠しておられる方、有名なポイントと思しき場所で待機しておられる方、様々です。

有名なポイントに行こうかとも思ったのですが、道がサッパリ分からない(汗)。明るくなってきているとはいえ、朝の5時に見知らぬ場所をウロウロする勇気もなかったため

8069レ(=EH500-22牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

結局、近くのストレートで撮影する事にしました。

2051レ(=EH500-10牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ED79牽引の列車で、かつHM付走行シーンを撮るのは初めてなので、まずはHMを強調するアングルで待つ事にしました。EH500牽引貨物列車も前座という贅沢。

もはや壁である
(クリックすると、大きい画像を開きます)

反対方向から来た貨物列車。関西で例えるならば1055レのような、31ftコンテナを中心に組成された列車でしたので、もはや壁状態です。

狙いの列車とこの貨物列車、どちらが先に通過するのか自信がありませんでしたが、これで交換駅も確定しました。次が本番だなーとドキドキしながら待つ事しばし。

8009レ「カシオペア」(=ED79-13牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8009レ「カシオペア」(=ED79-13牽引)。ED79牽引区間での旅客列車は「私には縁が無い被写体」と思っていましたが、無事に撮影できました。天気も言う事なしで素晴らしい!

しかし、これで終わりではありません。そそくさと撤収して、無理のない範囲で先回りします。次はDD51重連区間での撮影が狙いです。

8009レ「カシオペア」(=DD51-1095+DD51-1093牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8009レ「カシオペア」(=DD51-1095+DD51-1093牽引)。これまた有名撮影地にて。

昔、T○mixという鉄道模型メーカーのカタログに「海岸線を往くブルートレイン」のジオラマが掲載されていたのですが、まさにそのままの光景がそこにはありました。古典的ギャグではあるが北海道はデッカイドー!です。気温がさらに下がったなんて事はありません。



いやー、満足満足!これで初日は撮影終了…ではありません。まだ朝の8時すら回っていないので、これからが本番です。

色々と勘案した結果、6日(土)は江差線を中心に、7日(日)は函館本線~室蘭本線を中心に撮影する事にしました。

まずは485系「白鳥」を狙うべく、早朝に「カシオペア」を撮影した場所に戻ってきました。今度は明るくなっていて道が分かりそう+人が少なくなっているので撮影場所を選び放題だろうという理由です。ハイエナかお前は。

127D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

明るくなっていたので周りの状況が見えてきたのですが、撮影地の方に続いているように見える道は一本だけ。しかも、どう見てもけもの道にしか見えない…。

「本当にこれでいいのか?」と疑いつつ先に進んでみたところ、無事に撮影ポイントに到着しました。しかし、朝の5時にこの道を行く勇気は私にはありません…(汗)。

4093M「白鳥93号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4093M「白鳥93号」。「カシオペア」や「北斗星」が注目を集めていますが、その影で「(スーパー)白鳥」も北海道新幹線が開業したら廃止になるはずです。増結8両編成(所定は6両)で記録に残せて一安心です。

82レ(=EH500-22牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

そして、EH500牽引貨物も見収めの公算大です。しかし、EH800は必要台数に足りるのだろうか?

3080レ(=EH500-10牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

なかなか思う所に架線と架線ビームを配置できませんでしたが、何はともあれ海とセットで撮影できました。

4095M「スーパー白鳥95号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4095M「スーパー白鳥95号」。

122D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

この区間の普通列車はキハ40単行が多いです。こちらも北海道新幹線開業後はどうなるのだろう?

4022M「白鳥22号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

4022M「白鳥22号」。編成後部にモジャモジャが被っていますが、これ以上引き付けると海が見えなくなるのでやむを得ません。上下線共に同じ場所で撮影するという横着をしているのにこれだけ撮影できれば御の字というものです。

3067レ(=EH500-55牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

狙いのS字。昼間になってしまったので前面に陽が回らなくなりつつありますが、雰囲気だけでも掴んで頂ければ幸いです。「カシオペア」でも撮影者が多かったらしいので、明日の「北斗星」だったら満員御礼だろうな…と思いつつ、江差線を後にしました。



次は東に向かいつつ、明日のロケハンも兼ねて大沼公園に寄り道しました。

駒ケ岳が実に美しい
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中、駒ケ岳が実に美しい姿を見せてくれていました。これは一枚撮っておかないと後悔しそうだ…という事で、スーパー北斗10号を待つ事にしました。

しかし、ここで問題発生。駒ケ岳+小沼+列車を一画面に収めたかったのですが、私の持っているレンズでは画角が狭くて不可能ではないか!望遠が足りなければ最悪トリミングで対応する事が出来ますが、レンズが長いのはどうしょうもありません。泣く泣く一画面に収める事は諦め、小沼+列車で狙う事にしました。

そんな私の負の感情を見透かしたように、スーパー北斗10号通過時のみ雲が出てきて…

5010D「スーパー北斗10号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ピンポイントで曇天という。完全にS様は巻き添えを食らった形ですね(苦笑)。

次回は広角レンズを購入して再訪するぞ!と思わされる絶景でした。



延々と東に向かってひた走る。1本の列車を撮るために長万部を越え、洞爺を越え…噴火湾をグルリと対岸まで来てしまいました。そこまでしたのは、もちろんあの列車を撮るため。

482D
(クリックすると、大きい画像を開きます)

光線状態も良く「これは来たのでは?」と撮らぬ狸の皮算用をしたのがいけなかった。この後にやって来た普通列車は物凄い曇天で「大沼公園の悲劇、再来か…。」と諦めかけたのですが、はるばるここまで来た我々を神様は見捨てていませんでした。普通列車通過後、雲は去り

8010レ「カシオペア」(=DD51-1093+DD51-1095牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

8010レ「カシオペア」(=DD51-1093+DD51-1095牽引)。キタ━━│東│東│東│  │  │  │発│発│発│中│中│中│北┝┥北┝━━(゚∀゚)━━!いやはや、本当に久しぶりに雄たけびをあげそうになりました。一発でこの状態を引き当てられるとは、なんと自分は幸運なんだとただただ感謝です。

5014D「スーパー北斗14号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

続行の5014D「スーパー北斗14号」も良い感じ!この後のDF200牽引貨物が来なかったのは誤算でしたが、完全に有頂天になっていて上の空。



またしても延々と函館に戻ってきました。綺麗に晴れているし、函館と言えば夜景が有名ですよね?という訳で

百万ドルの夜景
(クリックすると、大きい画像を開きます)

そのまま夜景を撮影に行く事になりました。

クロスフィルターを付けて遊んでみた
(クリックすると、大きい画像を開きます)

クロスフィルターを付けて遊んでみたり。相変わらず極寒だった事を除けば、実に素晴らしい前半戦となりました。

この後、ホテルに到着したのは23時。予定では0時44分着の201レ「はまなす」を再び撮影に行く事になっていましたが、さすがに無理!と二人してベッドに倒れ込んだのでした。

後編に続く→

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 ED79 キハ40 485系 EH500 789系 キハ281 キハ141


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

北海道遠征@中編

←一~二日目の模様に戻る

二日目に石北貨物をバルブ撮影したあと、夜通し走って道南まで来ました。狙いは「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」「北斗星」の寝台特急三兄弟です。

少しづつ明るくなってくるのに合わせてロケハン開始。膝まで雪にハマりながら自らラッセルして海岸線まで行き、そこから線路に近付き…を繰り返し、どうにか撮影できそうな場所に辿りつきました。ロケハン中に「カシオペア」は通過してしまいましたが、陽が十分ではなかったので諦め。

ようやく場所を見つけたのでノンビリとセッティング…していたらトワイライト~がピューッと通過してしまいました(号泣)。

ロケハンに夢中になっていて完全に時間を忘れてしまっていたための悲劇(喜劇?)でした。リアルにあぁ”~~~~~~!!と絶叫してしまったという。

いかん、このままでは何のために下白滝から大岸まで来たのか分からん事になってしまいます。

特急「スーパー北斗1号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

意外と言っては失礼ですが、雪模様でも関係なく高速で突っ走るためシャッターを切り遅れております(死)。

8069レ(=EF200-123牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

123号機も何だか聞き覚えがあるような…と思ったら、やはり【2年前の遠征で撮影していました】。前日の57号機と同じく、これまた奇遇。

1レ「北斗星」(=DD51-1140+DD51-1083牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

1レ「北斗星」。三兄弟のうちで長男だけしか撮影できませんでしたが、このロケーションで撮影できたので良しとしましょう。天候も思っていた以上に安定してくれました。

次の狙いは、札幌折り返しの上り寝台特急三兄弟です。ようやく空き時間が出来たので(ここまで移動と撮影ばかりで、食事の時間すらほとんど取っていないという…汗)

登別温泉
(クリックすると、大きい画像を開きます)

登別温泉に立ち寄る事にしました。物凄い硫黄の香りがしており、温浴効果はかなり高そうでした。

リフレッシュして午後からの撮影も頑張るぞー!と思ったのですが、雪で真っ白になった築堤を行く「トワイライト~」を思い描いていたら猛吹雪で列車が見えなくなるという想定外の事態に。「撮りたい!」より「何でもいいから、早く通過して欲しい。」と心底思ったことから、現場の状況を想像していただければ幸いです。

何が悲しいって「トワイライト~」通過前後のみが猛吹雪だったというね。普段の行いが悪いからなのか?

これに懲りて「カシオペア」と「北斗星」は沿線での撮影を諦め、手堅く駅撮りにする事にしました。

札幌貨物ターミナルにて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中、札幌貨物ターミナルに立ち寄り。HD300も珍しくなくなってきているようですが、どうも500番台?だったようです。HD300については全く無知なのですが、寒冷地仕様なのだろうか。

他にも面白そうな物が撮影できないかと、辺りをウロウロしてみたところ

ネコロジー発見!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ネコロジー発見!下は宅急便コンテナで対比が面白いですね。

国鉄時代のコンテナ発見!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

懐かい国鉄時代のコンテナも多数置かれていました。

記念コンテナ発見!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

記念コンテナも発見しました。

いずれ消えゆくものたち
(クリックすると、大きい画像を開きます)

国鉄コンテナの後ろは、本輪西との間で行われていた石油輸送用と思われるタンクです。いずれも解体されてしまうのでしょうか。

ここでハプニング。完全に道路がアイスバーンになっていて吉本新喜劇のように尻からズテーン!(痛)カメラは必死になって上向きに抱えていましたが(笑)。

その昔「死ぬまでカメラを離しません」といったタイトルの本があったような気がします。そんなカッコいいものではなくて、完全に油断して受け身が間に合わなかっただけなんですが(汗)。

いよいよ「カシオペア」の通過時間が近づいてきたので、明かりを確保できそうで、かつ通過する新札幌駅に移動。遠目からライトが見えていて「上りになっているから、そんなに速くはな…い…?」

と油断していたら、予想以上の加速度でやって来てしまって見事に失敗(号泣)。

おい、「トワイライト~」に続いて、カシオペアも成果ゼロかい!

これはヤバいと、「北斗星」は恥も外聞もなく安全策を取る事に。

2レ「北斗星」(=DD51-1083+DD51-1140牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

結果、安全策を取っても怪しい出来ですが…まぁ、何も結果が残らないよりは良かろう。

以上で三日目の撮影終了!せっかく札幌まで来たんだから、札幌ラーメンを食べに行こう!ようやくコンビニのおにぎりから解放されました(笑)。

醤油屋本舗
(クリックすると、大きい画像を開きます)

札幌ラーメンと言えば味噌ラーメンが有名ですが、何故か醤油ラーメンが食べたくなりましたので「醤油屋本舗」さんにお世話になりました。

昭和レトロな雰囲気が楽しいお店です。

懐かしい食器
(クリックすると、大きい画像を開きます)

食器もまた懐かしい感じ。

昔ながらの醤油ラーメン
(クリックすると、大きい画像を開きます)

とんこつ醤油が多い昨今、昔ながらの「中華そば」という感じでした。具材もシンプルでしたが、これが非常に美味しい!スープまでペロリと平らげてしまいました。

ようやく一心地つき「さて、明日はどこに撮影に行こうか?」と計画を考え始めるのでした。

四日目の模様に続く→

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : キハ281 DF200 DD51 HD300


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

紅葉を見たくなって、北へ(4)四日目

←(3)三日目へ

既にお気付きかもしれませんが、紅葉を見るために北に向かったはずなのにだんだん南下してきております。

「北海道だったらどこでも一緒でしょ。」と思っていたのですが、北海道の広さをなめておりました。机上の計画で3時間とかかかるとなっている時点で「ちょっと広島まで行ってきます。」と同値である事に気付くべきでした。

そんな訳で、石北貨物以外はほとんど紅葉とは縁がなく来ております。とは言っても、見る列車見る列車が見慣れない列車ばかりですし(当然ですね)、しかも自然が豊かだから十分すぎるほどお釣りはきていると思うのですが。

四日目の朝はどこで撮るか決めておらず、前日まで俯瞰かS字かで悩んでおりました。結局、【一日目のノロッコ号】がトラウマになっておりS字を選択しました。

撮影地は、通称「宇宙軒S字」。何でも撮影地入口の交差点に宇宙軒というラーメン屋があるからこの名前だそうです。

そんな目標で分かるんかいな…と疑っていたのですが、確かにこの撮影地の入口を説明するならば宇宙軒が手っ取り早いですね。看板を見てビックリしましたが、何とチェーン店だそうです。

 しかし、お世辞にも流行っているようには見えない…(コラ)。 

撮影に来た方は「撮影地入口の目標」にするだけでなく「ラーメンを食べる」という本来の役割を果たしてあげましょう。即撤収した管理人が言える話ではないのですが。

キハ40三連
(クリックすると、大きい画像を開きます)

普通列車も、普通にキハ40単行なんかがやって来ます。通勤ラッシュ向けに設定されたのか、写真のような三連でやって来るパターンもありました。

8001レトワイライトエクスプレス(DD51-1140+DD51-1083牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

昨日は見事に失敗したトワイライト~。何とかDD51重連牽引の姿を収める事が出来ました。

3057レ(DF200-2牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

赤いスカートを穿いた熊さん。やっぱり0番台は赤いスカートのようです。JR化後に作られた初のディーゼル機関車だったので、何か特色を出そうとした結果でしょうか?

北海道の貨物列車は、私が見た範囲ではいずれもコンテナ満載でやって来ました。物流の中心として貨物が活きているという事でしょう。

5001Dスーパー北斗1号
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ちょうどスーパー北斗ぐらいの編成だと収まりが良いでしょうか。

1レ北斗星(DD51-1095+DD51-1138牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

北斗星。ビミョーに後ろが切れましたが、S字感が強調できたので良しとしましょう。

この後は、北海道新幹線開業と同時に廃線になる事が決まってしまった江差線の末端部分(木古内~江差)に乗りに行きます。廃止直前になって乗りに行く人々は「葬式鉄」などと言われてあまり良い印象が持たれていませんが、北海道には気軽に行けないからという事でお許し下さいお代官様(誰)。

江差線サボ
(クリックすると、大きい画像を開きます)

江差線のサボ。このサボが見られるまで1年を切っています。

木古内駅にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

木古内駅にて。着実に新幹線の工事は進んでいますね。

まさかの満員
(クリックすると、大きい画像を開きます)

「江差線の末端部分だし、空いているだろう。」と甘い事を考えていましたが、見事に満員御礼。どうも管理人の見立ては甘い事が多いようです。

江差駅
(クリックすると、大きい画像を開きます)

江差駅にて。今回はダイヤの都合もあって、江差~木古内~江差と往復しました。

記念グッズが売られていたので、つい「全部!」と大人買いする始末。はまなす乗車予定以外は全くJRにお金を落としていなかったので(札幌駅ではまなす撮影に入場券を買ったぐらい)、少しは貢献できたとポジティブに考える事にしました。

江差の海
(クリックすると、大きい画像を開きます)

江差の海。往復して戻って来た後に撮影しましたので、これでも幾分はマシになっています。乗車前はさらに荒れておりました。

この後はレンタカー返却&はまなす乗車の為に札幌へひた走る。高速道路、皆が皆スピード出しすぎだろ!しょっちゅう取り締まりのパトカーを見ましたが、これなら納得です。

はまなすB寝台
(クリックすると、大きい画像を開きます)

時間の見立てが間違っていた・カーナビがアホだった事もあり、ギリギリではまなすに駆け込み乗車。危ない危ない。

危うく明日までメシ抜きの危機
(クリックすると、大きい画像を開きます)

やってて良かった駅弁屋。この駅弁を買えなかったら翌朝までメシ抜きの危機でした(汗)。

隣のベッドの方も撮影との事でしたので、少しばかり話をさせてもらって就寝。本当はゴロンとシートとかを狙っていたのですが、今日の列車には連結されておらず。

結果的には、かなり疲労が蓄積していたので(カーテンで仕切っただけとはいえ)個人スペースを確保できたのは良かったと言えます。千歳までは記憶にあるのですが、次の記憶は青森県の蟹田まで飛んでおります。青函トンネルも全く意識のない時にアッサリ通過してしまいました(苦笑)。

(5)五日目へ→

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : キハ40 DD51 DF200 キハ281


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

紅葉を見たくなって、北へ(3)三日目

←(2)二日目へ

ようやくまともなベッドで横になれたにも関わらず、またしても朝の4時には行動開始という無茶なスケジュール。こんなふざけたプランを立てた奴、アホだろ。

ぶつくさ言いつつ、撮影予定地に行ったら…またしても先客がおられました!マジっすか(汗)。

早朝から何を狙いに行ったのかと言いますと、これ。

201レはまなす(DD51-1095牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

201レはまなす(DD51-1095牽引)です。「はまなすなんて夏至前後限定の被写体でしょ?」という固定観念があったのですが、某所にて「まだ撮影する事は出来ますよ。」と教えて頂いたので挑戦してみました。

ISO3200・F値3.2と、かなり無理のある設定ではありましたが…。初めて明るめのマクロレンズを列車写真撮影に用いましたよ。

管理人はビンボーなので、明るいズームレンズなんて買えるはずがありません(涙)。

95レ(DF200-123牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

続けてやって来たDF200牽引貨物。昨日は「見た!」というレベルにすら到達していなかった気がするのですが、とりあえずはDF200を撮影できて一安心です。

8009レカシオペア(DD51-1137+DD51-1093牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

撮影場所を変えてのカシオペア(DD51-1137+DD51-1093牽引)。これがカシオペア初撮影です。

カシオペアを撮るとしたら東京近郊だろうと思っていましたが、まさか北海道の地になろうとは意外。雲は多かったですが、ちょうど快晴の時に駆け抜けてくれました。

ちなみに…カシオペアを撮れて安心した訳でもないのですが、後続のトワイライト~は見事に失敗しました(涙)。

3057レ(DF200-10牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

3057レ(DF200-10牽引)。何かさっきのDF200と違うなと思ったのですが、後で見返してみて気付きました。スカートが赤いんですね。これは珍しい特徴かもしれません。

先程の123号機は普通のスカートだったので、全てのDF200が赤い訳ではないようです。

遅3083レ(DF200-58牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

実際、6時間30分遅れでやって来た58号機も普通のスカートでした。

8069レ(DF200-57牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

連番でやって来た57号機も普通のスカート。ここから得られた結論として、どうやら0番台のスカートは赤いようですね。

こうなると901号機はどうなのかが気になりますが、撮る為には何度北海道に通わなきゃならんのだろう(汗)。

ちなみに、DF200の運用表は撮影者のパイが少ない事もあってスカスカです。EF210とかだったら、誰かがどこかで埋めてくれているのですが。

さっきの58号機(=遅3083レ)も、普段ならば「後で調べれば分かるだろ。」で軽く流すのですが、今回はちゃんと調べておかないと分からなくなりそうなので真面目に調べました。

遅5001Dスーパー北斗1号
(クリックすると、大きい画像を開きます)

急病人発生で遅れてきたスーパー北斗1号。北海道の特急と言えばこの顔かキハ183スラントノーズのイメージが強かったのですが、貨物同様に着実に新世代に置き換わっているようです。

1レ北斗星(DD51-1140+DD51-1083牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

北斗星(DD51-1140+DD51-1083牽引)も初撮影。北海道新幹線開通時にどうなるのか、かなり先行き不安です。それはトワイライト~にも言える事ですが。



朝の寝台列車ラッシュが終わり、今度は道南へ。狙うはED79重連貨物です。

有珠山
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中で有珠山を遠巻きに見たり。

主虹と副虹
(クリックすると、大きい画像を開きます)

大沼公園で主虹と副虹を見たり。どちらもとーっても観光したかったのですが、ED79重連貨物の通過時間がそれを許してくれないという(涙)。かなり計画に無理があるな。

ちなみに…ブログに書くまですっかり忘れていましたが、SLニセコ号もスルーしました。そちらを撮る事も考えたのですが、寝台特急を撮っていたら絶対に銀山辺りには間に合わない事が判明したからです。

何だかんだで木古内まで来て、撮影地を探すのですが…予定していた撮影地への道が消滅している?というより、ここ明らかに私有地じゃないか?という事態に。さすがにここで撮るのはまずいと思ったのですが、刻一刻と通過予定時間が近づいてくる…。どこか撮影できる所はないか?

踏切が鳴るたびに「ヤバい、とうとう来たか?」と振り返るのですが、EH500貨物で胸をなでおろしたり(ぉぃ)が続く。

しかし、今度は余りにも通過しなさすぎる。JR貨物公式サイトを見たら6時間遅れだって。何だ、これじゃ絶対に無理じゃん。

そう言えば3083レもダダ遅れだったし、今日は遠くから継走されてきた貨物は軒並みアウトだったのかもしれません。

そうなると気持ちの余裕が出てきて、ロケハンも色々と見て回る事が出来ます。

小さいガーダー橋にて
(クリックすると、大きい画像を開きます)

小さなガーダー橋を見つけました。ちょうど機関車重連ぐらいを切り取るのに良さそうな場所ですね。



せっかく木古内まで来たので、函館ラーメンを食するべく寄り道。昨日の旭川ラーメンは残念ながら(自分的には)ハズレでしたが、懲りずに今日も深く考えずにエイヤと店を選択。

函館ラーメンのお店「一文字」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

函館ラーメンと言えばやはり塩ラーメン!

塩ラーメン、美味!
(クリックすると、大きい画像を開きます)

管理人は味の表現がヘタなので上手く言えませんが、とても美味しく頂けました。コンビニ弁当が続いていたので、ようやくまともな食事をした気がします。

さて、明日のトワイライト~と北斗星はどこで撮ろう?まだ決めかねているうちに今宵の宿(=ホテル洞爺駅前コンビニ駐車場…orz)を見つけました。

就寝5分前まで悩み、結論が出たら即眠りに落ちました…Zzz…Zzz…。

(4)四日目へ→

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 DF200 キハ281 キハ40


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。