北海道遠征@前編

1年前】に続き、北海道に遠征してまいりました。

…去年に「カシオペア」「石北貨物」を撮りに行って以来かと思っていたら、これらは2015年6月と10月でした。記憶の順番がムチャクチャだな。



前編は2月11日(土)の模様です。まずはラッセルを中心に撮影する事にしました。重大インシデントが発生しましたが(ブラックアイスの恐怖!)、何とか無事に宗谷本線沿線へ。

52D「スーパー宗谷2号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

やっぱりシチュエーションは良いのですが、気になる事があります。

××天気は晴れるんですかね?

×ラッセルは雪かきするんですかね?

○ラッセルは走るんですかね…?

ま、走らんかったら走らんかったで、天塩川温泉にでも入浴してノンビリするかな…と、ダメ元で待機。

雪372レ(=DE15-2511)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

まずは走ってくれた事に安堵しました。「ラッセルを撮影する時は、踏切付近では雪かきしないので避けるべし。」という鉄則があるらしいのですが、今回は雪かきをしないだろうからという事でお気軽撮影ポイントを選択しました。

雪372レ(=DE15-2511)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

雪道に注意しながら慎重に先回り。強がりではなく、いかつい姿を記録できただけでも良かったと思います。

51D「スーパー宗谷1号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

特急列車だとスピードが速いので、雪の巻き上げが凄いですね。

雪362レ(=DE15-2511)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

途中で列番が変わったようです。

この後は音威子府で【昨年】と同じく駅そばを食べていただく。私がソバアレルギーで食べられないのも同じ(苦笑)。

しかも、今回はダイヤが変わったため音威子府にラッセルの姿がありませんでした。

この後は宗谷本線に沿って南下。途中で「サロベツ」を撮影するものの3両編成なのに尻切れという大失態があったり(動画は撮影できました)、雪371レはギリギリ間に合わずに見る鉄になったり(ご同行いただいた皆様は間に合ったので良し)。

雪551レ(=DE15-1535)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

石北ラッセルは従来通り(?)複線ラッセルヘッドでした。単線用と複線用、両方を撮影できて一安心です。

雪551レ(=DE15-1535)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

ラッセルをバルブ撮影してみたいというご要望があったので先回り…と思っていたら、既に到着しておりました。意外と足が早いんですね。

最初はライトが消えていたのですが、つかの間の休息だったようですぐに点灯。遠軽方面に消えていきました。



旭川でお一人様と解散して南へ。当初は「札幌雪まつりでも撮ろうかなー。」と考えていたのですが、どうも札幌に寄り道していると食事も撮影も時間的に厳しくなりそう。宿泊施設に到着するのが日付を跨いでしまいそうです。翌日の事も考えるとさすがにそれはまずい。

「雪まつりは来年もありますから。」という結論に(無理矢理)至り、札幌には立ち寄らずに室蘭に直行しました。

「室蘭って、何か名物があるんですかね?カレーラーメンは知っていますが。」
「どうも焼き鳥が有名みたいですよ。」

…という事で、室蘭で焼き鳥を頂きました。さすがに昼はそば、夜はラーメンというのもね…。カレーラーメンは次回でしょうか。

「他に何かありますかね?」

室蘭の工場風景
(クリックすると、大きい画像を開きます)

…何故か工場風景のバルブ撮影で意見が一致。

結局のところ、札幌に寄ろうが寄らまいが日付を跨ぐ事には変わりないという結果になりました(汗)。

後編へ→
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : キハ261 DE15


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

宗谷ラッセル&石北ラッセル

昨年の秋に北海道に行きました】が、その時に「次はラッセルの撮影に行きたいですね。」と約束しておりました。

という訳で有言実行。12日(金)の夜発、14日(日)の夜着という強行軍で北海道に行ってまいりました。飛行機を取っていたのでキャンセルが利かなかったというのは秘密。



今年は暖冬という触れ込みでしたが「いくら暖冬とはいえ、さすがに北海道は豪雪でしょう。」と思って旭川の天気予報を見ると…まさかのプラス気温。予報は雨である。

2月の北海道ですよ?ホンマかいな?疑いつつ新千歳空港に降り立つ。

…本当に寒くない。雪が少ない。これなら大阪での大寒波の方が寒かったじゃないかと驚くレベルです。

どうも想定とは違うようになりそうですが、ともあれ新札幌で1名と合流。新札幌で「はまなす」を撮影されたのですが、驚くべき事に同業者は0人だったそうです。

そのままマルヨで走り続け、高速道路でキツネを轢きかけるというトラブルもありつつ、旭川に0時30分着。ホテルで翌日に備えて熟睡…Zzz…。



4時間ほど寝て、朝5時にはホテルを出発です。ここでもう1名と合流しました。

誰だよ、こんな予定組んだ奴?

…だって、宗谷ラッセルを撮る場所から逆算したらこうするしかなかったんです、はい。北海道の冬道は恐ろしいので、かなりの余裕を見ています。

余裕を見ていたので、途中で「スーパー宗谷2号が撮れそうですね。」という事に気付き、近くの踏切で待機しました。

52D「スーパー宗谷2号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

うむ、やっぱり雪はないですね(苦笑)。現地の方にすれば雪なんかない方がよっぽど良いに決まっていますが。

どこで撮ろうかと思案した結果、まずは【去年の経験を基に】安全に確実に撮れる場所にご案内しました。

雪372レ(=DE15-2521)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

図らずも昨年撮影したのと同じDE15-2521でした。ウィングは動作確認のために開いたのか、サービスで広げてくださったのか。当然ながら前者だと思いますが、後者だと思うと嬉しくなるので後者を信じる事にします。

今年に入ってから若干撮影スタイルを変更し、動画を撮れる時には動画も撮るようにしました。



途中で停まるらしいとの情報を基に先回りです。ただし、いくら雪が少ないとは言ってもそこは北海道。路面が凍結しているので細心の注意を払う必要があります。

雪372レ(=DE15-2521)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

白樺の林を背景にしているのが、関西在住の身からすると新鮮です。現地の方にすれば何でもない事だと思うのですが。動画は↓をご覧ください。



電線を回避できるアウトカーブから。

雪372レ(=DE15-2521)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

動画は↓こちら。



山々を背景にして。ここでは動画のセッティングが間に合いませんでした。

雪372レ(=DE15-2521)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

音威子府に立ち寄りました。目的は停車中の雪372レ撮影、ならびにご同行頂いた皆様に名物の「駅そば」を食べていただく事です。

音威子府停車中の雪372レ(=DE15-2521)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

雪が無い時の試運転か?と思うぐらい着雪がありませんね。走ってくれただけ御の字だと思います。

音威子府駅の看板
(クリックすると、大きい画像を開きます)

前回来た時】には気付かなかった看板です。恐らく、初の宗谷ラッセル上りを撮影できて興奮状態だったためと思われます(苦笑)。

木製の行先案内表示板
(クリックすると、大きい画像を開きます)

このような味のある行先案内表示板にも気付いていませんでした。硬券入場券が発売されている事にも…(今回はちゃんと購入しました)。

有名な駅そば屋さん
(クリックすると、大きい画像を開きます)

有名な駅そば屋さん。感想を伺ったところ「ソバアレルギーのAlexさんには申し訳ないけれど、非常に美味しかったですよ。」との事。くぅー、私も暖かいソバを食べたかったぞ!

この後をどうするか相談。音威子府から南で雪362レ(音威子府で列番が変わります)を撮るか、宗谷ラッセル雪351レ&石北ラッセル雪551レを掛け持ちするかの二択です。

現地情報では「石北ラッセルは複線用ラッセルヘッドを付けていた。」との事だったので「だったら、色々な種類が撮れた方が面白いでしょう。」という事になりました。

雪351レ(=DE15-2515)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

いつもは反対側から撮る事が多い場所ですが、今回は反対側から撮影してみました。動画は↓こちら。



石北ラッセル雪551レは、複線用ラッセルヘッド+αの予想だったので正面をアップで撮る事にしました。

雪551レ(=DE15-1533)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

動画は↓こちら。+αとは「ノロッコ号塗装+ラッセルヘッドでは違和感がありそうだった。」というものです。



しかし、折角の機会なので写真もノロッコ号塗装と分かるように撮るべきだったかな…と思っても後の祭り。

ここまでで13日(土)の撮影は終了。旭川正油ラーメンに舌鼓を打ち、1名の方とはここで解散。「明日の天気は怪しそうですが、頑張ってください。」と激励していただきました。



天気予報「大荒れです。不要不急の外出は控えましょう。」

…。

ルパン三世「カリオストロの城」に出てくる一節を思い出します。

ルパン「どうする~とっつぁん?見ちまったものはしょうがないぜ?」
銭形「分かっておる。警察官の血が騒ぐわ!」

「どうします?来ちまったものはしょうがないぜ?」
「分かっておる。写真家の血が騒ぐわ(ただし、命の危険がない範囲で)!」

この日は氷点下を記録。2月の北海道なのでこれが通常と言えますが…。冷えたので途中でお腹が痛くなるトラブルも発生しました(汗)。

そのようなトラブルもありつつ、ギリギリスーパー宗谷2号を撮影する事が出来そうになったのですが…。

52D「スーパー宗谷2号」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

横殴りの風です。フロントガラスにピシピシと氷の粒が当たる音は聞こえども、ワイパーを動かす必要がないぐらいです。

感想は「寒い、寒い、寒い!」ではありません。「痛い、痛い、痛い!です。

雪372レ(=DE15-2515)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

同じ場所で撮影を開始。動画は時間切れでセッティングが間に合わず。

雪372レ(=DE15-2515)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

もうとっくに通過したものと思っていたら、踏切を渡った直後に踏切が鳴りだしました。「ちょ!これ、雪372レでしょ!」という事で慌てて撮影。

この後はさらに天候は悪化。新雪にハマって動けなくなる車があって道が塞がっていたりもしました。

天塩中川~音威子府間の峠越えは、短い人生の中ででという但し書き付きですが今までで一番命の危険を感じたほどの恐ろしさでした(汗)。

何とか音威子府まで戻ってきて一安心…と思ったら、どうも雪372レは音威子府に到着していないようでしたので「もう一回撮れそうですね。」と延長戦です。

雪372レ(=DE15-2515)
(クリックすると、大きい画像を開きます)



小規模ですが、少しだけ雪を跳ね飛ばす模様は記録できました。

ここまでの動画を1本にまとめた版も作成しました↓。





この後は新千歳空港に向けてひたすら南へ。道央道にさえ入ったら「主要高速道路なので除雪も行きわたっており安全でしょう。」と思っていたら、2台ほどスリップ事故を起こした車を見ました。北海道の道は常に油断大敵という事がよーく分かりました。

色々とありましたが、何とか無事に帰ってくる事が出来た事に感謝です。ご同行いただきました皆様、情報をお寄せくださった皆様、現地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : キハ261 DE15


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。