FC2ブログ

凸ロンチキ凸プッシュプルを撮る

10日(金)の模様です。珍列車が走るとの風の噂を聞きつけて撮影に出かけてきました。

工9251レ(=DD51-1183+DD51-1109プッシュプル)
(クリックすると大きい画像を開きます)

DD51がロンチキを挟んで連結する、プッシュプル形態の工9251レです。厳密にはプッシュプルではないかもしれませんが…。

入線時のズーム流し撮りはカツカツになってしまって大失敗…(TωT)。ま、まぁ…奥行きがある長い編成で、先頭をしっかり止めようとしていて後ろまで気が回らないので仕方がない…

工9251レ(=DD51-1183+DD51-1109プッシュプル)
(クリックすると大きい画像を開きます)

と言いたいところでしたが、1両を落ち着いて真ん中に配置すれば良いだけの後補機もカツカツになって大失敗とはどういう事だ…(´・ω・`)。これは小一時間どころか五時間ぐらいネチネチと説教が必要です。

工9251レ(=DD51-1183+DD51-1109プッシュプル)
(クリックすると大きい画像を開きます)

停車中のDD51-1183号機です。ここだけ見ると通常のロンチキ停車中に見えます。

工9251レ(=DD51-1183+DD51-1109プッシュプル)
(クリックすると大きい画像を開きます)

後補機のDD51-1109を中心に撮影しました。よーく見ていただくと、奥の方に本務機のDD51-1183が写っています。

貴重な情報をお寄せくださった皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

6月の成果まとめ

6月の成果報告がピタリと止まっていました(汗)。月替わりする前にまとめての投稿となります。



6月6日(土)は凸定尺、凸ロンチキ、EF81定尺の3本が走ると教えていただきました。

工9686レ(=DD51-1193牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

工9589レ(=DD51-1191牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

工9572レ(=EF81-113牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)



6月13日(土)は凸定尺と「惜別」DE10-1082です。DE10-1082は存在は知っていましたが、実際に見たのはこれが最初で最後となりました。

工9692レ(=DD51-1191牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

DE10-1082
(クリックすると、大きい画像を開きます)

DE10-1082
(クリックすると、大きい画像を開きます)

DE10-1082
(クリックすると、大きい画像を開きます)



6月21日(日)のメインは2059レ(=EF66-27牽引)「カンガルーライナーSS60」でした。さらに養老鉄道にも立ち寄りました。

養老鉄道の京急色は、最初に来た時には「地下鉄丸ノ内線色か?」と思ってしまいました。この編成、【以前に撮影した元センロク塗装】なんですね。

5071レ(=EF210-309牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

5087レ(=EF65-2074牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2059レ(=EF66-27牽引)「カンガルーライナーSS60」
(クリックすると、大きい画像を開きます)

養老鉄道 D04編成
(クリックすると、大きい画像を開きます)

2059レは「天気が…。」と悲しんでおられる方が多かったですが、個人的には天気はどうしょうもない、仕方がないと思っています。

それ以上に悲しかったのが
・1両目の機関車次位が西濃コンテナ1個だけ
・16両目と20両目が空車
・DAINICHI GROUPが積載されていない
・17両目と18両目にRUNTECが1個だけ

日曜日だからやむを得ませんが、個人的にはこれらの方がよっぽど残念でした…(TωT)。2059レの個人的理想は

・牽引機…EF66-27
・1~15両目…西濃コンテナ2個×15両フル積載
・16両目…RUNTECが2個フル積載
・17~19両目…DAINICHI GROUP2個×3両フル積載
・20両目…12ft5個フル積載

だと思っています。

個人的願望丸出しで「貨物列車はてめぇのために走っているんじゃないんだぞ!」全開ですが。



6月23日(火)は工8896レ(=DD51-1109牽引)。

工8896レ(=DD51-1109牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

思いっきり二度寝してしまい(TωT)、現地に到着したらもう奥の方に列車が見えているやんけ!でした。

そのために全く調整する暇もなく、冷静に見ると(見なくても?)切り位置が悲惨なのですが、上記の有様だったのでこれだけの成果が残ったのが奇跡とも言えます。



6月24日(水)は工9392レ(=EF65-1124牽引)。2日続けてロンチキが走りました。しかも牽引機の種類が異なるというオマケ付き∩(・ω・)∩。

工9392レ(=EF65-1124牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

実はこの後に凸定尺も来たのですが、出来がビミョーだったので割愛します(´・ω・`)。



6月26日(金)は色々な予想からPFロンチキが走りそうと予想して待機。予想が的中して工9381レ(=EF65-1135牽引)が来ましたが…

工9381レ(=EF65-1135牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

どうも遠目に見ても違和感があり、ロンチキ(フルで12両編成)ではない。とはいえ半ロンチキ(6両編成)でもない。黄色いレール固定装置が載っているから定尺でもない…。

「???」でしたが、どうもこれ溶接用レールを積載する1ユニットっぽいです。確かこういうのって3~4ユニットぐらいまとめて走行するものだと思うのですが。

レアなのかは分かりませんが、個人的には初撮影だったので嬉しかったです∩(・ω・)∩。



6月27日(土)は配6551レに全検明けピカピカになった(と思う)EF510-509がムドで付くだろうと予想していました。

9561レ(=EF510-503牽引)
(クリックすると、大きい画像を開きます)

しかし、予想に反してそれより早い時間に9571レ(=EF510-503牽引)が来ました。EF510が定尺レールを輸送するのは珍しい気がします。

9571レが運転されたので吹田にEF510が居なくなってしまったのか、配6551レは運転されませんでした。EF510-509が富山に帰るのはもう少し後になりそうです。



以上、2020年6月の成果をまとめて報告しました。動画についても近日中に別途投稿しようと思います。

貴重な情報をお寄せくださった皆様、撮影地でご一緒させていただきました皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51 EF81 DE10 EF210 EF65 EF66 養老鉄道 EF510


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

シキ1000×3両変圧器輸送&凸凸ロンチキ

昨日8日(月)の模様です。西浜に向かっていたシキ1000×3両が変圧器を積載して戻ってきたとの目撃情報が上がっていました。

そのまま8862レスジで東へ向かうのだろうと予想して撮影にでかけました。

動画はこちら↓でお楽しみください。原本は【こちら】です。





かなり早朝に現地に向かいましたが、既に先客がおられるではないか!向こうは向こうでビックリされたかもしれませんが…。

8862レ(=EF64-1022牽引) シキ1000×3両変圧器輸送
(クリックすると大きい画像を開きます)

8862レ(=EF64-1022牽引) シキ1000×3両変圧器輸送です。EF64牽引のシキ1000は初見だと思います。記憶にあるのはEF65牽引とDE10牽引です。

8862レ(=EF64-1022牽引) シキ1000×3両変圧器輸送
(クリックすると大きい画像を開きます)

広角側に引き付けてもう1枚。EF64のパンタグラフの影が変圧器に出ている、つまり正面しか陽が当たっていませんがやむを得ません。この天気で初めての組み合わせを撮影できたので贅沢は言うまい。



夜になって凸凸ロンチキが走るらしいと聞きつけて再び撮影へ。

前走りでEF210新塗装牽引の貨物列車が通過しましたが、いつものお約束とばかりに見事に轟沈…orz。例のアレもあって夜間撮影なんてずーっと行っていないので不安しかありません。撮れる気が1ミクロンたりともしません。

工9895レ(=DD51-1192+DD51-1183牽引)
(クリックすると大きい画像を開きます)

想定時間にやってきて一安心だったのですが、撮影時は全く手ごたえを感じられず「や、やっちまった…(´・ω・`)。」と凹んだのですが、後からチェックしたところこれが一番マシな出来でした。ゴースト回避は私の技量では不可能ですので諦めます。



貴重な情報をお寄せくださった皆様、誠にありがとうございました。この場にて厚く御礼申し上げます。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : EF64 DD51


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

投稿再開はDD51牽引ロンチキから

皆様、お久しぶりです。 誰も覚えてないと思いますが。 

世間もようやく落ち着きを取り戻してきましたので投稿を再開したいと思います。 今までは珍しく(?)単純に更新をサボっていた訳ではありません。 

だいぶ間が空くのは変わりありませんが、6月3日(水)のDD51牽引ロンチキです。

工9792レ(=DD51-1191牽引)
(クリックすると大きい画像を開きます)

動画はこちら↓でお楽しみください。【原本はこちら】となります。



今後もゆっくり投稿していきたいと思います。何卒よろしくお願いいたします。

テーマ : 鉄道写真 - ジャンル : 写真

tag : DD51


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

↑記事が面白いと思ったら、クリックをお願い致します。

第13回鉄道模型運転会

例のアレ(→中○武○コロナウィルス←、ズバリ書くと炎上しそうなので一応伏字にしておく)によりGWは外出しなかったので、溜まりに溜まった鉄道模型を整備する事にしました。

整備にはピンバイス0.5mmをよく使うのですが(この時点でT社車両が多いと分かる)、途中で折れてしまうという事故が発生(TωT)。0.5mmを利用しなくても整備できる車両を中心に作業しました。

動画はこちら↓でお楽しみください。【原本はこちら】です。





久しぶりの運転なのでまずは念入りに掃除です。レールをモップ君(自作)で念入りにゴシゴシしてから

EF200登場時牽引のお掃除列車
(クリックすると大きい画像を開きます)

お掃除列車を走らせました。EF200-16登場時塗装のデビューです。

架線柱が立っていませんが、立てるのを忘れたのではなく意図的です。【EF200更新色】の時もそうでしたが、シングルアームパンタグラフ高さが調整できずに最大高さまで上がるためビームに引っかかってしまうのです。

架線柱の土台を何か加工しないといけませんね…(´・ω・`)。

三江線キハ120
(クリックすると大きい画像を開きます)

三江線キハ120です。三江線は惜しまれつつ廃線となってしまいましたが、その後にヨドバシカ○ラで偶然売れ残っていたのを発見して衝動買いしました。

以前に関西本線キハ120も運転した事がありますが、キハ120は最初から室内灯が入っているようです。

樽見鉄道ハイモ230-301
(クリックすると大きい画像を開きます)

本当は樽見鉄道TDE&14系にデビューしてもらう予定だったのですが、諸般の事情によりデビュー延期となりました。そんな訳で樽見鉄道ハイモ230-301に代走してもらいました。

ちなみにハイモもこれがデビューとなります。

C61-20+高崎旧客
(クリックすると大きい画像を開きます)

C61-20+高崎旧客です。Nゲージサイズでよくこれだけ再現できるものだなぁと毎回感心します。

C57-1+C61-20+高崎旧客
(クリックすると大きい画像を開きます)

C61-20の前面は重連用TNカプラーに換装したのでC57-1と重連を組んでみました。「135号機じゃないのかよ!」と突っ込まれそうですが、135号機は未所有ですので…。

ヤバい、超カッコいい!(語彙力…)

肥薩おれんじ鉄道 くまモンラッピング1号&おれんじちゃん
(クリックすると大きい画像を開きます)

肥薩おれんじ鉄道です。くまモンがかわいい(・∀・)ので購入しました。おれんじちゃんもかわいいですよ!

肥薩おれんじ鉄道 くまモンラッピング2・3号
(クリックすると大きい画像を開きます)

何故か続けて肥薩おれんじ鉄道です。くまモンがかわ(略)。

何故か私の鉄道には、私自身はあまり縁がないのにまとめて入線する鉄道会社があります。東日本大震災の応援で購入した三陸鉄道もそうです。

三陸鉄道は動力車がないので走れないという大ポカ状態ですが…(TωT)。早く何とかしてあげないといけません。

DD51-852牽引 さよなら鵜殿貨物
(クリックすると大きい画像を開きます)

以前にも運転した事がある「さよなら鵜殿貨物」です。セット名は「さよなら紀勢貨物」だったかもしれませんが。

ED62-14牽引 氷河急行
(クリックすると大きい画像を開きます)

氷河急行は【前回も運転しました】が、前回は氷河急行用のカプラーだったので日本国内の機関車では連結できない状態でした。

そこで氷河急行客車側のカプラーを改造してTNカプラーに換装しました。改造といっても

(1)TNカプラー(穴あり)を買ってくる
(2)穴をパテで埋める
(3)ピンバイス1.05mmの穴を開ける
(4)カプラーを適当に削ってはめ込む

という極めて雑なものですが…(´・ω・`)。他サイト様のように作業工程や結果をお見せできるようなシロモノではありません。

牽引機のED62-14は浜松工場入替機。この塗装で入替をしていたそうです。ユーロライナーなどを牽引させると似合いそうです(府フラグ)。

EF65-1118タイプ(自作)牽引 氷河急行
(クリックすると大きい画像を開きます)

氷河急行のカプラーを交換したので日本国内の機関車で牽引できるようになったのは前述のとおりです。以前からやってみたかったEF65-1118タイプ(自作)牽引の氷河急行です。色々と遊べるのが鉄道模型の良さだと個人的には思っています。

EF65-1118タイプ(自作)牽引 スーパーエクスプレスレインボー
(クリックすると大きい画像を開きます)

第6回でも運転しました】が、再びのEF65-1118タイプ(自作)が牽引する「スーパーエクスプレスレインボー(SER)」です。

前回運転時はTNカプラーとKATOカプラーが上手く繋がらずに苦労しましたのでSERの片方をTNカプラーに換装しました。換装方法は氷河急行と同じです。

TNカプラーとKATOカプラーは「何もしなくても上手く繋がるタイプ」と「何故か上手く繋がらないタイプ」があるようです。前者の代表は20系、後者の代表はSERです。

TNカプラーに合わせたのはT社の機関車が多いから。T社の機関車が多いのは初めて購入してもらったNゲージがT社だったからです。三つ子の魂百まで、です。

EF81-5(第2エンド先頭)牽引 EWI
(クリックすると大きい画像を開きます)

氷河急行と同じくEWIもTNカプラーに換装しました。牽引機はEF81-5試験塗装です。

EF81-5は【前回も登場しました】が、第1エンドと第2エンドで塗装が異なります。上の写真は第2エンド先頭です。

EF81-5(第1エンド先頭)牽引 EWI
(クリックすると大きい画像を開きます)

こちらは第1エンド先頭です。皆様はどちらのエンドがお好みでしょうか?私個人としては白帯の高さが一致している第1エンドでしょうか。

当然ながら白帯の高さが一致したのはただの偶然ですが…。

EF65-105牽引 カートレイン
(クリックすると大きい画像を開きます)

店頭でユーロライナー色の貨車が売っており「こんなのがあるんだ。」と衝動買いしたまま塩漬けになっていました。調べてみるとユーロライナー2両+12系1両+貨車4両でカートレインが運転されていたようです。12系1両は電源用だったみたいです。

ユーロライナーは展望車ではなかったようですが、中間車はTNカプラーに変更していないため連結できません。その場で交換するのも面倒なので既にTNカプラー化している展望車で代走しました。これはひどい…(TωT)。

営団千代田線6000系
(クリックすると大きい画像を開きます)

営団千代田線6000系です。この顔は「東京メトロ」時代ではなく「営団」時代だと強く感じます。

昔の地下鉄車両ってドア扉が高い位置だったんですね。後に出てくる大阪市営地下鉄30系、私は所有してませんが堺筋線60系などもそうでした。

「子供が危なくならないようにドアに近付けたくない。外を見られないように嫌がらせしているんだ!」とお子様だった当時は思っていましたが(笑)、実際のところ何でだったんでしょう?

近鉄特急 しまかぜ
(クリックすると大きい画像を開きます)

前回は近鉄アーバンライナー】がデビューしましたが、今回は「しまかぜ」がデビューです。

「前面窓のピラーが水色や白色で目立つので黒く塗ると良い。」と見かけたので従ってみました。他にも乗務員扉後ろの窓枠、客席窓枠部分も目立つ部分は同様に黒く塗っています。

普通はエナメル塗料などで塗るのが一般的だと思うのですが、準備するのが面倒なのでサインペンで塗り絵です。

京阪新3000系
(クリックすると大きい画像を開きます)

京阪新3000系です。歴代の京阪電車と比べると異端児ですが、青色が綺麗でカッコいいです。【3000系の名を継ぐにふさわしい】と思います。

大阪市営地下鉄30系ステンレス車
(クリックすると大きい画像を開きます)

既出の営団千代田線6000系に対抗して、大阪市営地下鉄御堂筋線30系ステンレス車です。こちらも「大阪市営地下鉄」であり「大阪メトロ」ではありません。

本来は第三軌条なのに自走の甲種輸送かよ!とツッコミどころが満載ですが、そこは気にしたら負けということでお願いいたします。

鉄コレをNゲージ化したのですが、純正パーツを使うとかなりの出費になるのでモーター以外は費用をケチりました。

(1)おもりはホームセンターで購入した金具、1枚数十円
(2)車輪はK社の物、1両200円
(3)カプラーはTNカプラー24個入り、1個20円

コストは純正品の半額です。そしてTNカプラー取付もカプラーポケット切断⇒TNカプラーをセット、という非常に雑な工作です。

前回の阪急6300系】はTNカプラー側を切断していたのですが、それよりカプラーポケット側を切断した方が良さそうだという事で工作方法を変更しました。

今回編成は「TNカプラー切断法」「カプラーポケット切断試作法(1ヶ所だけ)」「新・カプラーポケット切断法」が混在していましたが、「TNカプラー切断法」だと脱線する場合があったので新方法に加工しなおしたとおろ脱線が解消しました。図らずも新方法の方がマシである事が示された結果です。

DD51-1186牽引 50系レッドトレイン
(クリックすると大きい画像を開きます)

最後はDD51-1186牽引の50系レッドトレインです。本当はDE10に牽引してもらいたかったのですが、諸般の事情によりDD51に変更となりました。

テーマ : 鉄道模型 - ジャンル : 趣味・実用